Tag Index - こやま基夫 (20件)

おざなりダンジョン 虚脱の勇者編 前編「あぶなげアフロ」

月刊コミックラッシュにて連載中の「なおざりダンジョン」…の、元の作品でもあり、かつて「コミックノーラ」で連載されていた「おざなりダンジョン」が、特別編として復活! …とはいえ、全2話の読み切りなんだけど。それでも、懐かしのキャラが登場したという事で、結構嬉しかったりする。幼いエルザとか、フサフサなキートンとか、なかなか面白い物が見られただけで大満足だ。 「おざなり」で確かにキートンがサルバドルに敗 … Continue reading Continue reading

来月から「おざなりダンジョン」の新連載!

書くのをすっかり忘れてた。 現在「月刊コミックラッシュ」に連載中の、こやま基夫作「なおざりダンジョン」。今月号で「輪舞蝶の園編」が終了したのだけど、その最後のページに以下のような文があった。 なんと!「おざなりダンジョン」が復活するのか! しかし、「おざなりダンジョン」の本編はエスプリとロゴスを軸とした話であり、本編自体は完結を迎えている。しかも、その正式な続編としては「なりゆきダンジョン」があり … Continue reading Continue reading

なおざりダンジョン 魔球回廊編 第1話「やりこみボーラー」

久しぶりに「なおざりダンジョン」の感想。相変わらずこれだけのために月刊コミックラッシュ買ってる。「CLANNAD」漫画のためにこの雑誌を買っていると本屋に思われているような気がしてしょうがないのが何だか悔しい。 今回のテーマはボーリング。色々ネタにするもんだね。球技という点と導入部の展開を見て、「おざなりダンジョン」の6巻辺りローラークライを思い出した。ただ、今回はあれよりも何だかアホっぽい感じだ … Continue reading Continue reading

なおざりダンジョン 太陽の爪月の牙編 第5話 「まかないテレパス」

そういや先月分の感想忘れてたけど、まあいいや。 それにしても、この作品の雑誌における掲載順が徐々に下がっている気がするのは気のせいでしょうか…。打ち切りはやめてー。楽しみにしてるんだから。 フランケン・ラボのボスはホムンクルスでエボと同じ胚から生まれた禁種。ボスは生殖能力無いホムンクルスであるがために、エボを自分の後継にしようと捕獲を試みるが、一緒にモカも捕らえられてしまう話。 今回はまたサルバド … Continue reading Continue reading

なおざりダンジョン 太陽の爪月の牙編 第3話 「くらだしトーナメント」

モンスター製造企業とバイヤーが集って、モンスターのクリィチャンプの話。 今回の話を見て、モンスターの製造業が産業として成り立つという設定が何となく分かった。今回のトーナメントのように強いモンスターを求める市場が形成されているという事もあるのだろうけど、それ以上にさり気なくギャグとして挿入されている「空気を循環させる」モンスターといったような、環境を改善するための生物が用いられている場所もあるため、 … Continue reading Continue reading

なおざりダンジョン2巻買った

なおざりダンジョン(2) あと、一緒に同じこやま基夫作品の「魔界コンビニ物語」も。 「なおざりダンジョン」に関しては全部雑誌で読んでしまっているから今さら書く事も無いのだけど、やっぱり書き下ろしのSDダンジョンとか欲しいなー。 「魔界コンビニ物語」は、この作品自体の存在を全く知らなかった(2000年頃のヤングキング連載だそうで)ので完全に作者買いだけど、読んでみたらお馬鹿なノリが結構面白かった。個 … Continue reading Continue reading

なおざりダンジョン 太陽の爪月の牙編 第2話 「おそまきパラサイト」

そういえば、前号の第1話「さきがけブリーダー」の感想書くのすっかり忘れてた。ちょっと時間がとれなくて後回しにしてたせいで…。 舞台を変えての新シリーズ。そして単行本は11月7日発売。つまり、こうやって単行本1冊分のエピソードを続けていくわけか。いつ打ち切られるかハラハラです。いやまぁ、大丈夫だと思うけど(笑)。 モンスターを産業として製造している工場でのお話。この作品は、コンピュータゲーム的なファ … Continue reading Continue reading

なおざりダンジョン 魔戒の円卓編 第5話 「さきゆきディスカバリー」

コミックラッシュは、「となグラ」や「コヨーテ・ラグタイムショー」ばかりじゃなくて、この作品もプッシュしてくれませんか…。 魔戒の円卓編の最終話。別に「なおざりダンジョン」自体は終わらないので一安心。エピソードが5話で完結しているというのは、単行本を想定した単位なんだろうなぁ、やっぱり。 しかし、今回のエピソードは5話に詰め込むには少々無理があったように思う。4人の魔道士があっさり寝返りすぎ(当たり … Continue reading Continue reading

なおざりダンジョン 魔戒の円卓編 第2話 「とりたてブランド」

月刊コミックラッシュで先月から連載がはじまった「なおざりダンジョン」の2話。相変わらず、この作品のためだけに雑誌を買い、他の漫画をまるで読まない。 今回は、相手の正体およびキリマンの行動の意味が明かされる話。色々設定が明かされた事で、徐々に面白くなってきた。キリマンが何を意図してモカをヴァヴァラウドの元に飛ばして、戒めを解いたのか、ってのが今後のキモになるのかな。モカを飛ばしたって事はまぁ、暴れろ … Continue reading Continue reading

なおざりダンジョン 魔戒の円卓編 1話 「おっつけサブリミナル」

あー、遂に復活ですよ!「おざなりダンジョン」シリーズの月刊連載!何度夢見てきた事か! 以前復活した時は、「超人ロック Special」といういつ発行されるのかも分からん不定期雑誌に連載され、しまいには雑誌どころか出版社その物が無くなってしまうという不幸に見舞われ、この先どうなってしまうのかと心配していただけに、こうして再び月刊連載されるようになって、大変喜ばしい。 というわけで、月刊コミックラッシ … Continue reading Continue reading

「なおざりダンジョン」復活

月刊コミックラッシュ、4月29日発売6月号に「なおざりダンジョン」が乗るとの事。まだ実際に雑誌を読んでなくて、Webからしか確認してないけど、これはめでたい。 とりあえず、おざなりダンジョンのために購入予定。しかし、今引っ越したばかりで、きちんとした本屋の場所が分かってないんだよなぁ…。どこか大きめの本屋を探さないと。 ところで、以前「なおざりダンジョン」を連載していた「超人ロックSpecial」 … Continue reading Continue reading

マトゥルスの血族 完全版

マトゥルスの血族[完全版] 「おざなりダンジョン」作者のこやま基夫が「月刊コミックラッシュ」という雑誌で、「ワーカーホリック」なる読み切り漫画を描いているとの情報を聞きつけ、本屋に立ち読みしに行った(買え)。 そしてページをパラパラめくっているうちに、懐かしい絵が目に留まる。何でも、かつて雑誌「ドラゴンマガジン」で連載されていた、沢田一・作の「マトゥルスの血族」という漫画が、完全版として再販される … Continue reading Continue reading

なおざりダンジョン 4話 「あとつぎトリニティ」

19日発売の「超人ロックSpecial」を買ってきた。目的は当然、「なおざりダンジョン」以外に無い。しかし、前回読んだのが2005年6月29だから、3話から実に半年近く待った事になるのか…。 今回は、「夜明けの帝国」編の最終話。 今回も面白かった。特にサルバドルのネタは良かったなー。サルバドルの話は、「おざなり」でもかなり好きなエピソードなので。この話はもう少し色々引っ張ってほしいところ。あと、モ … Continue reading Continue reading

Wikipediaを書いてみた

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に、一つ投稿してみた。 おざなりダンジョン – Wikipedia 好きな漫画に対してあれこれ書いてるのは面白かったけど、これだけ書くのはさすがに疲れた。作品の知名度に不釣り合いな程いっぱい書いてあるので、何となく間抜けのような気もする。まぁいいや。 Wikiの書き方を色々理解できたので、多少勉強になったといえばなったような気もする … Continue reading Continue reading

なおざりダンジョン 3話

6月29日発売の超人ロックVol.13を買った。まぁ相変わらず目当ては「なおざりダンジョン」のみなんだけど。3ヶ月おきぐらいにしか発売されないのが何とも歯がゆい。 今回はく、主人公3人組の役回りが固まってきた(おざなり、なりゆきと同じようになった)感じが良かったな。何かこう、懐かしい感じで。モカの何も考えてなさとか、ブルマンの頭の回転の良さとか、キリマンの謎な行動(実は役立ってる)の様子とか。 今 … Continue reading Continue reading

超人ロック Vol.12購入

超人ロックのVol.12を購入。発売日が延びてしまっていたので、最近まですっかり存在を忘れてた。この「超人ロック」なる作品はよく知らないし、全く興味はない。興味があるのは、こやま基夫氏の「なおざりダンジョン」。 ちなみに、盲目的な「おざなりダンジョン」好きの言う事なので、ここに書かれている事は差し引いて考えた方がいいかも。 今回で2話目。まぁいつも通りの感じで、大変面白かった。作品全体に言えるけど … Continue reading Continue reading

おざなりダンジョンの新装版を買ってきた

こやま基夫 – おざなりダンジョン【新装版】 こやま基夫作の、1989年から「コミックノーラ」という雑誌で連載され、途中「なりゆきダンジョン」と名前を変えながらも1996年ごろ雑誌の廃刊と共に打ち切られた状態にある作品、「おざなりダンジョン」の新装版がビブロスという出版社から3冊発売されている。 その事は前々から知っていたのだけど、近くの本屋にさっぱり置いてなかったのでとりあえず放置し … Continue reading Continue reading

部屋が片づかない

部屋の整理をしていたら、押入の中身を出した時点で疲れてしまい、休憩がてら10月の新アニメ一覧なんて書いていたら、書くのにやたら時間がかかってしまったので、さっきから部屋に物が散乱している状態だ。これ片づけないと寝られないので、さっさと片づけなくてはいけないのだけど、面倒くさいなぁ。 そういえば、色々片づけてたら小学校、中学校の時に学校の課題で作った色んな物が出てきたけど、「おざなりダンジョン」の絵 … Continue reading Continue reading

超人ロック vol.11 入手

本屋を3軒ほど回って、ようやく発見。即購入。目的は当然「なおざりダンジョン」で、それ以外は正直どうでもいい。で、その「なおざりダンジョン」を読んだけど、まさしく「おざなりダンジョン」「なりゆきダンジョン」の雰囲気そのままだった。内容は、モカ達3人組が出会った時の話。モカ達が昔一度ギルドを訪れてたという設定は、少々無理があるような気がするけど、まぁいいか。 でもこれ、バスターキートンが25歳のときの … Continue reading Continue reading

超人ロックという雑誌で「なおざりダンジョン」が掲載されている

…らしい。自分もまだ見てない。そもそも、普通の本屋に置いてあるんだろうか…。 超人ロックという雑誌はこれ。 この「なおざりダンジョン」というのは、こやま基夫作の「おざなりダンジョン」「なりゆきダンジョン」と同じシリーズの短編(?)ということらしい。この作品は非常に好きなので、是非とも読みたい。というか、何が何でも読んでやる。 あー、どこかの雑誌でこの「おざなりダンジョン」シリーズを拾って、続編を作 … Continue reading Continue reading

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。