Daily Index - 2004年12月31日 (2件)

2004年12月31日のエントリー一覧

今年ももうすぐ終わり

今年ももうすぐ終わってしまう。

こうして1年を振り返ってみると、何かアニメばっかり見ていたなぁ…という印象しかない。まぁ、別に後悔はしない。来年もきっとアニメを見てるだろう。
アニメは基本的に4月が大きな区切りの時期だけど、とりあえず今年放送終了したアニメという区分の中で考えた時に、好きだったのは、「プラネテス」「カレイドスター」「ローゼンメイデン」「ガングレイブ」辺りが挙げられる。来年も、こういった面白いアニメがあるといいな。
そうえいば、Ask John ふぁんくらぶでは、「本年度の最高それに最悪のANIME作品を」ということで、ASK JOHN氏の見た作品があれこれが挙げられているけど、同意できる物もあり、まるで同意出来ない物もあり。まぁ1アニメファンの感想として、それなりに楽しませてもらった。先に挙げたアニメに全く触れられていないのが残念。

このサイトは、今年から独自ドメインに移したりといった動きはあったけど、来年以降は恐らく、淡々と更新していくことになるのかなぁ。アニメ感想はもちろん続ける。
あぁ、それ以外にあるテーマについての解説サイトを一つ作りたい。あるテーマというのは、多チャンネルのオーディオに関する仕組みの解説、考察およびデータベースみたいな物。オーディオ全般というわけではなく、多くの誤解を招きやすい多チャンネルオーディオについて、結構多くの知識を詰め込んでいるつもりなので、それを外部に公開するような形で。まぁ、この辺は時間があれば。

あと、身の回りの事に関しては、就職活動とかしなくてはいけなんだよな…、めんどくさ。とりあえず、ボチボチと進めていきますか。あー、それから先程一つ重大な事を思い出した。…年賀状まだ書いてない(笑)。いやー、完全に失念してた。明日とか、兄が嫁連れて帰ってくるため、絵を描いたりできないので、年賀状に取りかかるのは明後日辺りになるのかも…。

とりあえず、そんな感じで適当にやりくりしているわけですが、来年もこのサイトをよろしくお願いしていただけると有り難いです。
ではでは、よいお年を。

踊る大捜査線

年末特番の「踊る大捜査線」スペシャルを見て思った事。
自分は専らアニメばかりを見て、ドラマはほとんど見ない、ほぼ2次元専門の人だけど、「踊る大捜査線」だけは結構楽しく見ている。以前の2作目映画も映画館に行って見に行った。

ドラマを見ない自分が何故これだけ楽しんで見ているかといえば、多分自分の中で登場人物が確立していて、そのキャラクター性を楽しむ事ができるからなんだろうなぁ、と思う。
アニメの場合は、キャラクターはそのキャラクター以外の何者でもなく、キャラクター性その物を大いに楽しむ事ができる(微妙な声優を聞き分けるほどのダメ絶対音感を持ち合わせていないこともあるのかもしれない)。ところが、多くの邦ドラマに言える事だけど、芸能人等の有名人が使われると、既にその人物のイメージが刷り込まれてしまっているために、そのドラマに対する感情移入を疎外されてしまい、物語に入っていきにくいという難点がある。ところが、自分の場合「踊る大捜査線」は登場人物を役者それ自体よりも把握できているため、すんなりと入り込む事ができる。
自分は主に、物語は物語として楽しみたいと考えている。だから、そこに芸能人の履歴等の、ドラマ以外の要素が入り込む事は、ノイズと感じられてしまう。邦ドラマにほとんど興味が無いのも、最近の邦ドラマがそのノイズを前面に押し出してアピールしているから。

…まぁ2次元好きが詭弁を弄しているだけのような気もするけど、それは気にしない方向で。もちろん、「踊る大捜査線」はストーリー構成や演出が上手いから楽しめる、というのもあるけどね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。