Entry

アニメ感想率調査2005秋 結果

光希桃 Anime Stationさんが開催する、アニメ感想サイトを対象とした感想率調査の、今期の結果が発表されました。以下、長々と感想でも。

感想率調査
新番組継続率調査
終了番組評価
終了番組評価[追加番組]

「感想率調査」に関しては、意外にも「ARIA」が1位。自分も楽しめているけど、感想を書くほどの内容だろうか?と考えると…うーん…。いや、個人的に感想を書く上では、考察するだけの内容がある物とか、ストーリー性のある物とか、少しでも考えさせられる内容があると感想が書きやすくなるので、こういったまったりした作品に対しては、感想を書く気があんまり起こらない。だから、こういう作品に感想率が集中するのが意外だったなぁ、というだけで、別に感想を書く人がどうのというわけではないです。
2位は「舞-乙HiME」。まぁ1期の実績もあるわえけだし、無難な線かな。個人的には、あんまり好かないので、多分触れる事はないと思う。
3位に「ローゼンメイデン トロイメント」。これも1期の実績のためか、かなり好位置につけている。放送開始時期にムラがある(関西ではまだ未放送のはず)ので、感想率に関してはやや不利だけど、この位置。あぁ、でもBS-iでの放送も始まったし、その辺りで多少緩和されてるのかな。個人的には期待作なので、この感想率の高さは嬉しい。
それに対して4位の「Blood+」は全国レベルの放送だけど、この位置。同じような放送エリアの「交響詩篇エウレカセブン」に関しては7位だし。やっぱり、放送エリアの大小はあんまり関係ないのかも。
「灼眼のシャナ」は2期である「リリカルなのはA’s」を抜いて5位。これは結構意外な結果。「なのは」自体にもう少し人気があると思ってたし、「シャナ」自体にもそれほど特別な魅力は感じていなかったから。
あとは大雑把に。「ガン×ソード」「Solty Rei」「蟲師」が思ったより低いなぁ。もう少し感想サイト人気があると思ってたんだけど。「絶対少年」も低いけど、これはまぁしょうがないという気もする。でも「ノエイン」がやや好位置に付けてるのは嬉しかった。

「新番組継続率」は、「ローゼンメイデン トロイメント」が1位。継続率は、見られない人間、最初から視聴してない人間は除いているので、見続けられる率は最も高い…と。2期という事もあり、視聴者に愛されている作品、と言えるのかな。しかし、2位、3位と比べて「視聴なし」の人数が多く、見ず切り率が高いという点が気になる。2期という点が逆に足枷になっている事もあるだろうけど、やはり好みが分かれる作品なのかも。
「舞-乙HiME」は、やはり強い。安定した視聴数を確保。
「ARIA」は継続数の絶対値ならトップ。見切りがやや多めなのがネックになっている様子。
ここで、ちょっと気になったので、1位~3位を現在の「視聴率」で考えてみる事に。つまり、「継続数/可能数*100」の小数点第2以下切り捨ての数字。

  1. 舞-乙HiME:82.9%
  2. ARIA:82.7%
  3. ローゼンメイデントロイメント:76.9%

感想率とも継続率とも順位が入れ替わってしまった。実際に一番見られる率が高いのは「舞-乙HiME」。他の評価の値も考慮すると、これが事実上の一番人気のような気もする。まぁこれも、作品の人気の尺度を測る考え方の一つでしかないから、何とも言えないけどね。
あとは大雑把に。「蟲師」が6位、「Solty Rei」が7位と、新番組だけの順位として考えても、なかなかの好位置に上がってきた。感想率は低いけど、それなり作品としての人気はあるのね。逆に「BLOOD+」はその下に。「ノエイン」も順位を落としてる。この辺は、気に入った人はハマりやすい作品という事だろうか。順位が下の方は、大体理由の察しはつくんだけど、「格闘美神 武龍」や「CLUSTER EDGE」などの、主にDVD購買層向けに作らなくてはいけないはずのテレビ東京深夜アニメが、この位置というのは少々考え物だと思う。

「終了番組評価」は、まぁ1位はちょっとコメントしにくいので置いておくとして(自分は存在自体知らなかった…。見ておけば良かった)、2位は「かみちゅ」。殿堂入りの数が圧倒的。個人的に作品として今ひとつだったのだけど、ハマる人はハマるんだなぁ…と。まぁ確かに、キャラクターを魅力的に描こうとしていた気迫は伝わってきたけどね。
3位は「フルメタル・パニック!The Second Raid」なんだけど…、個人的に、30分のテレビアニメーションという形態を取っていながら、盛り上がりや面白味のない場つなぎのようなエピソードばかりが挿入されていた時点でかなり減点。一部のキャラクターの扱い方にも疑問が残る。高得点を付けてる人はどんなコメントを入れてるのかな…と思って見たら、並ぶ「京アニ」「京都アニメーション」の単語や、それを類推させるコメントの数々。もちろんそれ以外のコメントも多いし、作品の評価の結果として名前が出てくる場合も多いんだけど、これだけ「アニメーション制作会社」を讃えるコメントが並ぶと、何だかなぁ…と。
「陰陽大戦記」のような子供向け玩具販促アニメが「MONSTER」を抑えて4位につけたのは驚異的だと思う。確かに自分も面白かったと思うけど、ここまで人気があるとは思わなかった。パッと見た感じが、明らかに子供向けなので敬遠されるんじゃないかな、と思ってたから。
あとは大雑把に。「創聖のアクエリオン」(8位)が意外と低かったなぁ。まぁ、好みに合わない人には駄目な作品だと思うから、こんな物かな、という気もする。でも「SPEED GRAPHER」(16位)の低さは意外でも何でもない。自分は名作に入れたけど、別に他人に勧めようとは全然思わないからなぁ(笑)。一番好きだった「バジリスク」(10位)は、あんまり高くないのが残念。
逆に下の方から見ていくと…。「萌えよ剣」(32位)は、本来のターゲットから完全にそっぽ向かれているなぁ…。あれだけ豪華な声優陣を使ってこの体たらく。大丈夫なのかね…。あと、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(30位)が下から数えて3番目って(笑)。駄作評価の絶対値が90と、圧倒的な数を誇っているのはいかがなものか。しかし、見切りが少ないのはさすがに「ガンダム」ブランドか。「TIDE-LINE BLUE」(28位)は、かなりいい物を持っていただけにもったいなかったなぁ…。ある意味マガジンの看板作品とも言える「ツバサ」(25位)がこんな位置なのは、作品として少々問題があるような気がする。

とりあず、今回の感想率調査の感想は以上のような感じ。ちなみに、このサイトの結果は以下の通り。今回は評価がちょっと甘めだったかな、とか思ってたら、結構厳しめの順位。うーん…。

サイトデータ

光希桃さん、今回も大変お疲れ様でした。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。