Daily Index - 2022年12月13日 (1件)

2022年12月13日のエントリー一覧

きららファンタジアのオフライン版を残す端末を検討してみた

概要

きららファンタジア 公式サイト

芳文社の『まんがタイムきらら』シリーズのキャラクターを使ったモバイルゲーム『きららファンタジア』は先日11月4日、来年2023年2月28日にサービスを終了することを発表した。同時に、そのサービス終了までにオフライン用データをダウンロードして残しておくことで、そのデータを消さずにいる限り、オフライン版を動かす事ができることが公表されている。
ここでは、にきららファンタジアを残す端末について個人的に検討した内容について記載する。
ちなみに、私はAndroidユーザーなのでAndroid端末を対象としている。

背景

『きららファンタジア』は、個人的に長いことプレイしてきた作品で、事前登録から始まり、開始直後からほぼ毎日プレイしていた。そのため、ログイン日数に応じて配布される星彩石(ガチャで使う石のこと)は先日11月25日に1800日目のボーナスを貰っているぐらいにはプレイしている。きららファンタジアのサービス開始である2017年12月11日から、2022年11月25日までの日数は1810日なので、10日ほどログインしてない日があったということになる。ちなみに、それだけプレイしているにも関わらず、ゲームにそれほど多額のお金は払ってない(サービス終了の原因とも言える)。

ここまで長く遊んできたゲームだけに終了の発表は悲しいけれど、最近はグッズやサービスの展開も弱く、コンテンツ的にだいぶ沈静化してきた感覚はあったので、「やっぱりか…」という印象が強い。なので、そこまでショックは受けてない。勝手な想像だけど、近年円安となった影響でクラウドのコスト嵩んでしまったのかもしれない。
ただ、最後の最後でオフライン版を残すという温情を与えられているからには、それを残すために最善を尽くしてみようと思い立った次第。

オフライン版の仕様

そのサービス終了後に利用できるオフライン版の機能は、公式サイトによると次のように発表されている。

【重要】『きららファンタジア』オフライン版について|NEWS|きららファンタジア 公式サイト

実装予定の機能
■「キャラクター一覧」機能
・所持しているキャラクターのステータス画面(イラスト・ボイス等含む)を
 確認することができる

■「図書館」機能
・タイトル名鑑/用語辞典/キャラクター辞典を見ることができる
・読み終えているシナリオや開放しているシナリオを読み返すことができる
 ※メインシナリオ、作家シナリオ、イベントシナリオ、キャラシナリオが対象です。
・OPムービーを視聴できる

■「オプション変更」機能
・サウンド設定が変更できる

※オフライン版は上記の機能のみとなり、その他の機能はご利用になれません。

■事前準備に関して
・データ作成期間中にデータ作成が完了していない場合、
 タイトル名鑑/用語辞典/キャラクター辞典のテキストのみ見ることができますが、
 それ以外の機能はご利用になれませんのでご注意ください。
・機種変更などをされた場合は、「オフラインデータ作成」が引き継がれません。
 データ作成期間中であれば、引き継ぎ後に新しい端末で
 改めて「オフラインデータ作成」を行ってください。
・オフラインデータ作成が通信エラーなどで失敗した場合や
 データ作成後にキャッシュやアプリのストレージが削除された場合、
 オフライン版でデータが正しく表示されない可能性がございます。
 サービス終了後はデータ復旧などができかねますので、
 通信環境が良い場所でデータ作成いただくようお願いいたします。

■オフライン版アップデート後に関して
・オフライン版アップデート後にキャッシュやアプリのストレージが削除された場合、
 いかなる理由があってもオフライン版用のデータを復旧することはできません。
 ※キャッシュやアプリのストレージをお客様ご自身で削除した場合に加え、
  端末の容量が足りず自動でキャッシュがクリアされた場合も対象となります。
  容量には余裕を持った上でご利用いただくことをお勧めいたします。
・将来配信される各OSのバージョンでの動作は保証できませんので、
 予めご了承くださいますようお願いいたします。

要約すると、2023年2月28日までに取得した手持ちのキャラクターのイラストやシナリオ等を閲覧することができる。しかし、ダウンロードした端末でのみ利用できるものであり、機種変更等を行った場合にはそのデータは引き継げないし、端末が壊れたら復元は不可能である。要は、その端末に限り使えるということになる。これは、サービス終了に伴いデータ配信サーバも止めてしまうかと思うので、致し方ない仕様である。

余談になるが、Androidアプリには機種変更時にデータ引き継ぎを行うものがあるが、あれは基本的に直接データを転送しているわけではなく、アプリをGooglePlayからインストールした上で、GoogleDriveに保存されたAndroidのバックアップデータを読込んで引き継ぐような仕組みになっている。ストアから消えたアプリを復元するようになっていないし、流石にGB単位のデータをバックアップ対象データとして保存する設計にはなっていないようである。(さらに言えば、著作権や契約上の問題でユーザー側でデータを保存させてはいけない決まりになっている可能性は高いと思われる。)

端末の検討

これらの情報を踏まえた上で、このオフライン版を長く残すためにははどういった対策を行えばいいかを考えてみたところ、次のような条件を満たす端末が望ましいと考えられる。

  • OSがアップデートされない
    アプリを長く残す上では、OSのアップデートされないことが望ましい。というのもOSがバージョンアップされてしまうと、アプリが動かなくなる可能性があるためだ。そのため、OSのメジャーバージョンが更新される見込みの無い物が良い。Androidの場合は、現在最新となるAndroid13までは動作するので、Android14にアップデートされないことがハッキリしている端末を選択する。セキュリティアップデートぐらいならなら問題無いと思う。多分。

  • ストレージ容量
    オフラインデータはデータサイズがかなり大きい。実際にオフラインデータをダウンロードしてみたところ6GB程ある(画像参照)。近年ではOSやシステムデータ、アプリなどはどんどん肥大化しており、何もしなくてもストレージ容量が使われるため、現在のAndroidは32GBではまともにアプリが入らない。きららファンタジアだけ入れるなら64GBでもいいかもしれない。今後更に何かアプリやデータを入れようと思うなら128GBぐらいはあった方が良い。ちなみに、Androidには一部SDカードにアプリを移動できる端末もあるが、SDカード自体が破損しやすいことに加えて、SDカードの抜き差しで読込みができなくなる場合もあるようなので、基本的には避けた方が良い。(そもそもゲームをSDカードにインストールできるかどうか知らない。)

  • 動作速度
    きららファンタジア自体はそれほどスペックは要らない。そもそもオフライン版はデータ閲覧のみなとなるはずなので、公式サイトに示されている次の最小スペックが満たせれば概ね問題は無いと思われる。多少スペックが必要になるとすれば、動画再生やステータス画面のSDキャラクターぐらいか。

■iOS対応端末の変更
対応端末  :iOS 10.0以降
メインメモリ:2GB以上

■Android対応端末の変更
対応端末  :Android 6.0.1以降
メインメモリ:2GB以上

  • 壊れにくい
    端末が壊れるかどうかは運を天に任せるしかないが、対象の機種名で調査して何かしら不具合報告が出ていないかどうかを確認した方が良い。機種によっては、必ず発現する不具合を抱えた製品も存在するので、そういった報告が出ていないかどうかを確認するだけでもだいぶ違う。例えば私が過去に所持していた端末で修理行きとなった事例としては、画面の特定の範囲でタッチが効かなくなる、しばらく使っていると指紋認証が使えなくなる、といった機種がある。ディスプレイが割れていると、経年で画面が壊れる可能性もあるので、そういった破損端末も避けた方が良い。

  • 普段使わない
    普段使いしている端末にオフラインデータを入れてしまうと、端末を落としたり水没させたりして、機種変更を余儀なくされる可能性がある。そういった事態を避けるためにも、普段運用せずに保管しておける端末にインストールして、保存しておくのが良い。

購入した端末

こうした条件を考慮した上で、自分は保存端末に Google Pixel 4a 5G を選択することとした。
ただ、いきなり前提条件を覆してしまうが、Google Pixel 4aはAndorid14にアップデートされる予定がある(実は手に入れるまで気付いてなかった)。なので、開発者オプションから自動システムアップデートの設定をOFFにして、勝手にアップデートされないようにすることで代用とすることとする。
ストレージ容量は128GBあり、動作速度も十分に早い。またユーザー数が非常に多いため、問題点は洗い出されている可能性が高く、実績としては十分。
購入先は中古。現状でも多少価格が高めだが、自分の場合は仕事柄Androidアプリの開発デバッグに使う可能性があるので、あまり古い機種を買っても恩恵薄く、そういう意味でもこの辺りの端末が最適である。5Gなのは、何となくそっちの方が遊べそうだったので…。(あと、この端末は色々と弄るとかなり特殊な権限が取得出来るはずなので、いざという時は試してみようと思っているが、それはまた別の話…。)
余談になるが、ただの4aと4a 5Gでは端末サイズが違うので、ケースやフィルム等で補強する場合は間違えないように注意が必要である。

ちなみに購入先は イオシス 。自分の経験上、かなり綺麗な端末が来る可能性が高いので、よく使っている。今回もその例に漏れず、Cランクの中古なのに傷などは全く気にならないレベルの綺麗な端末が送られてきた。

特に拘らないのであればPixel 3aとかでも良いと思う。普通はストレージが64GBだが、足りない場合は128GBのモデルもあったはず。私の場合、Pixel 3aは会社所有の開発端末として既に持っていたために避けたかっただけなので…。

他作品のオフライン版事例

少し話は変わるが、他作品でこうしたオフライン版を残せる仕様があったゲームアプリについて述べる。偶然にも先日、サンリオの『SHOW BY ROCK!! Fes A Live』が11月30日12時にサービスが終了し、こちらもオフライン版のデータを保存しておける仕様となっていた。

以前少しプレイしていたこともあり、こちもサービス終了する直前にオフラインデータをダウンロードしてアプリを残してみることとした。まず、アプリ起動しているところ

起動時のOPは出る。

これは毎回表示されるメッセージ。

メニューから選択できる機能は、ブロマイドとパートナー。

ブロマイドを選択すると、アカウントで保有していたかどうかに関わらず全ての物が見られるようだ。

パートナーも全キャラ表示出来る。

データサイズは全部で6GBほどある。WiFiを使ってもダウンロードには結構長い時間がかかった。

オンライン接続する必要のないコンテンツを端末内に全てダウンロードして、データを閲覧できるようである。
きららファンタジアも、これに近い形になのであろうと思われる。

オフランデータのダウンロード

実際にきららファンタジアでオフラインデータをダウンロードしてみた。
最初のOP画面の下のボタンからダウンロードを開始するが、開始すると1時間以上かかる。このダウンロードはとにかく時間がかかるので、サービス終了ギリギリにやらない方が良いと思う(終了近くなるとダウンロードする人が多くなって、速度が出なくなる可能性がある)。あと、ダウンロード中は端末がスリープに入らないようにしておかないと、ダウンロード途中でアプリが終了されて泣きを見る可能性がある点に注意。

ダウンロード後は、Show By Rockと同じぐらいのサイズとなった6GBほど。

ダウンロード完了後は特に何もない。これを書いている現状はまだサービスが続いている状態なので、普通にゲームも起動する。あとは、2/28にサービスが終了した後にどうなるかは改めて確認することとする。
これ書いている時点で、あと77日だ…。

最後に

一旦、入手したPixel 4aで起動して普通にプレイできることまで確認したので、このままこの端末をサービス終了アプリの墓場にしようかと思う。どこまで端末が生きてるかは知らないが、とりあえず可能な限りデータを生かしておきたい。

ちなみに、きららファンタジアのアカウントは既にこちらに移し替えて、自動周回させて解放してないキャライベントを解放させるという最後の足掻きをしているところ。しかし、最後だというのに相変わらずガチャが渋い。SHOW BY ROCKは最後の大盤振る舞い(出現率が高かった)をしていたというのに。(大きなお世話である)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。