Entry

うたわれるもの 散りゆく者への子守唄

子供のこーろの夢ーはー
色褪せない落書きでー♪

うたわれるもの 散りゆく者への子守唄

ってなわけで、PS2版「うたわれるもの」買ってきた。ゲーム版のOPは違う歌だけど。
この手のゲームをほとんど買わない自分がこれを買った理由は、まぁ何となく気が向いたから。気が向いた理由は、アニメが結構面白かった事と、知り合いから結構面白いという話を聞いたから。そんなわけで、アニメはきちんとゲームの販売促進に繋がったようですよ、アニメスタッフの人。

ちょっと遊んでみるかと思ったのはいいけど、Win版とPS2版があるそうで。何かPS2版は追加要素がある事、アニメ板と同じ声優による声が追加されているらしいという事で、PS2版に。アニメから入った人だからエロとかあると逆に萎えるという事もある。あと、以前PS2買ったくせに結局全然遊んでなくてホコリ被ってたから有効活用しようと思ったという意味もある。
ちなみに、デカいパッケージとかいらないので通常版で。

とりあえず、村の反乱が終わってオボロに兄者と呼ばれるようになった辺りまで遊んだところこまでの感想。
まず一番気になったのは、思ってたよりもキャラクターの会話が多いのね…。自分はもう少しストラテジー的なゲーム要素が多いと思ってたもので。元がエロゲだけに、そういう事に多大な期待を寄せる方が間違っていたという事だろうか。
また肝心のゲーム要素は、正直な話物足りない。形としてはストラテジー風味の体裁を持ってはいるけど、ちょっと大味というか、あんまり戦略とか考えなくても何とかな程度のレベルかな、と。序盤だから簡単になっているだけなのかもしれないけど、ゲームとしてどうにも物足りなくて…。まぁ、そんなに悪くはないんだけどね。というか、藩主と戦うまでマニュアル読まずにいたので、そこまで連撃の存在を知らなかった自分の方が悪いのかもしれない(笑)。
選択肢に関しては、とりあえず適当にホイホイ選んで、たまにロードして別の選択肢を見たりしてるけど、どれを選んでも特にこれと言って代わり映えがないような…もしかしたら後の方で色々変わってきたりするんだろうか。PC版なら選択間違ったら見られないエロシーンとかあるのかもしれないけど、PS2版じゃあねぇ(笑)。
正直な話、アニメを見なければまず自分には縁の無いゲームだったと思う。

ただ、やっぱりアニメを楽しんで見ていた人間なので、ハクオロやエルルゥ等の会話を見てるのは結構楽しい。アニメと同じ声優さんだから、会話からキャラクターの様子が具体的に想像しやすい。そのため、この手の会話ゲーム(と言うのかは知らないけど)はあっという間に投げ出す自分でも、未だに遊んでいられる。この手のゲームは普通、主人公に声が当てられている事の方が少ないと思うけど、このゲームに関してはハクオロの声が無いとダメだと思った(笑)。
あとは、オボロってこんな凶悪なキャラだったっけ?とか、アニメと違う点、アニメとして表現された点を見ているのは結構面白い。
あー、早くカルラとか出てこないかなー。

これを遊んでて何となく、あれはゲームのアニメ化作品としてはかなり良質なものだったんじゃなかろうか、と思った。

追記

回は、Amazonのマーケットプレイスという物を利用してみた。Amazonの中古仲介サービス。Amazonはさんざん利用してきたけど、実は今まで一度も利用した事がなかった。良い機会だしちょっと利用してみようかと思った次第。
出品者は、何やらどこぞの業者らしかったので実際届いたパッケージはほとんど新品だった(恐らく、Amazonのマーケットプレイスを使って商売しているような業者なんだろうけど…)。で、そこから届いた封筒に以下のようなシールが。

うたわれるもの 散りゆく者への子守唄

これを「うたわれるもの注意」と見てしまった自分に罪は無いと思います。

うたわれるもの 散りゆく者への子守唄

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。