Entry

アニメ新番組あれこれ 2006年10月 その2

BLACK BLOOD BROTHERS

東京MXでは9月頭から放送始まっていて、その放送後にネット配信が始まり、その他のU局はその1ヶ月後の後追いという、他作品とは異なるちょっと特殊な放送形態の作品

内容に関しては、個人的にそれほど惹かれるものは無かったかなぁ。
とりあえず、傘を差して陽射しの中を歩く吸血鬼という絵はちょっと面白かったかな。傘で覆いきれない日の当たる所から煙が立ち上ってる様子とか。あと、兄者兄者うるせー、と(笑)。どうせなら、そういうちょっと面白い絵作りを期待したいところなんだけど、別にそういう作品じゃなさそうだしなぁ。内容的には割と真面目そう。真面目な内容は好きなんだけど、あんまり目新しい感じがしないので、やっぱりちょっとインパクトは弱いね…。妙にエロいけど。
吸血鬼もの+主人公の出で立ちから何となく「バンパイアハンターD」が思い浮かんだ。いや、本当にただ何となく。内容は全然違うけど。
あと、原作の絵を見て「オーフェン」を思い出したなぁ。とうか、ミミコはコギーかと言わんばかりの似通いようだ。余談。「オーフェン」も普通にアニメ化してればなぁ…と、今さら言ってもしょうがないんだけど。「スレイヤーズ」の二匹目を狙ったりするから…。余談終わり。
まぁ、とりあえずこの作品に関しては様子見。

ところで、最近の東京MXテレビはどうしちゃったんだろう。この作品の1ヶ月前放送もそうだけど、再放送を入れると凄まじいアニメのラインナップなんだけど…。少し前まで東京に住んでなかったけど、一応関東地方のアニメ放送は大体把握してた。アニメの放送本数でいえば、tvk、埼玉、千葉が関東御三家で、MXは一応いくつかの作品を放送するけど、基本的には地味な存在だったはず。ところがここ最近は、それらと肩を並べるどころか、再放送や関東地上波で唯一の「地獄少女 二籠」を放送しているために、ある意味最強のU局チャンネルと化している。たまにMXつけると、アニメの時間枠でもないのに普通にアニメのCM入ってくるしね(笑)。「うたわれるもの」の専用CMが見られるのはMXだけ!…多分。
MXにアニメの理解ある担当者が入ったのか…。もしくは、少し前に関東で唯一「地獄少女」を放送した際、これが結構好評だったと聞くので、MXの偉い人がそれに気を良くした、というのはあるかもしれないなぁ。
まぁ、これからも頑張って最強のアニメチャンネルを目指してください(笑)。

金色のコルダ ~primo passo~

20061024_corda.jpg「アンジェリーク」「遙かなる時空の中で」を送り出してきたコーエーの乙女ゲー第3弾(ちなみに、「ネオロマンスシリーズ」というシリーズ名称がつけられている)。
またしょうもない乙女物か…と思ってたけど、音楽関係の内容に関しては結構真面目に描いてる様子だし、主人公が頑張って困難を克服するという真っ当なストーリー展開で、意外と面白い。音楽はあまり興味がなくてちっとも分からんので(学校の音楽の授業でやった内容ぐらいなら何とか…)、描かれている内容が本当に正しいのかどうかは知らないのだけど、まぁさすがにこういう作品で嘘は描かないと思うので大丈夫かな(「リングにかけろ」のボクシングみたいなのは別格として(笑))。最後の「リリのワンポイントクラシック」は、結構楽しみだったりする。こういうコーナーがあると、あんまり深夜アニメっぽく感じられないなぁ。そういえば、以前も深夜にこんなコーナーを放送した作品があったっけ。1回だけ。リアとタズサの…いや、あの作品の事はもう忘れてあげよう…。
あと、主人公が音楽に疎いという設定はとても助かる。登場キャラクターが普通に音楽について語ってると「あれ、そんな事も知らない自分ってヤバイかな?」と不安になるのだけど、主人公を何も知らない一般人にする事で「よかった、自分だけじゃない、セーフセーフ」と心の中で安心出来る感じで(笑)。
そんなわけで、これは割と楽しみな作品。

あー、最近音楽なんてさっぱり聞いてないな…。いや、聞いていると言えば聞いているんだけど、アニソンとゲームミュージックばっかりで…。こんな人間になってはいけない。

ギャラクシーエンジェる~ん

20061024_galaxy.jpgこれも息の長いシリーズ作品だねぇ。
キャラクターを一新しての新シリーズスタートという事だけど…、うーん、別に前シリーズのままのキャラクターで良かったんじゃない?と思った。まぁいつまでも同じキャラクターで商売出来ない、という理由があるのかもしれないけど。
内容に関しては、前シリーズの面白味が薄れてしまって、ちょっと微妙な感じがした。「ギャラクシーエンジェル」っぽくはあるんだけど、ちょっと「姫様ご用心」の臭いがする。「姫様ご用心」といえば、に最後まで本当につまらなかった記憶しかないんだけど…。あれは本当にボケ倒しだけで、面白いのかどうかがよく分からないのが致命的だった。前作のノーマッドみたいな突っ込み役がいないのが気になるんだけど、果たしてどうなる事やら…。
OPはダジャレじゃなくなってるけど、まぁこれはこれでいいかな、と思った。
ところで、際どいシーンで「KEEP OUT」ってのは最近何かの流行りなんでしょうか…。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。