規格戦争はもう結構

規格戦争はもう結構

ITmediaニュース:Disney、Blu-ray Disc規格のサポートを発表より。
タイトルの通り、DisneyがBlu-ray Discの規格を支持したとのこと。

新光ディスク規格の戦争は、どんどん泥沼化の様相を呈してきた模様。誰もが思っていることだろうけど、正直勘弁願いたい。
規格が乱立すると市場が混乱し、普及が遅れてしまうことは、今までの歴史が何度も証明してきているだけに、勝敗の見えない規格戦争は無駄としか思えない。…まぁ、より優れた規格が生まれる可能性があることを考えると、一概に全く無駄とは言えないけど、それでも一般の市場にとっては望ましいこととは言い難い。

個人的には、Blu-ray対立陣営のHD DVDを応援したい。何故なら、従来のDVD等との互換性が考慮されていたり、カートリッジフリーで扱えたりと、ユーザー側にとってメリットが大きいから。しかし、ユーザーにとって新メディアの唯一とも言って良い利点となる容量が、片面で15GBというDVDの3倍程度という少なさはネック。とは言っても、Blu-rayだって25GBだし、五十歩百歩だとは思うけど。あと、市場ではBlu-ray側が少し先んじてることも考えると、HD DVD側はやっぱり不利なのかな…。
ただ、どっちも既存のDVDに対してメリットが少なく、個人的には別にこれらの新メディアが普及しなくてもいいと思ってる。それよりも、12cm回転メディアはもういい加減限界がきてると思うので、そろそろ3次元型の記録メディアが登場してくれないものか。キューブ型とかそういういの。

参考:
DVD-Access: 次世代光ディスク対決

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。