Entry

サムライチャンプルー 17話

結局、予定通り(?)フジテレビでの放送は終了か…。
予想通り、「向日葵の臭いの侍」にまつわる話が全く終わってないどころか、さっぱり進まずに終わってしまった。…よく考えたら、1回目と同性愛好者オランダ人の回以外、全然進んでないような気がするな。この作品の本質は、3人組のぶらり旅とその中で語られていく人間ドラマで、「向日葵の臭いの侍」はそのきっかけを作るためのキーワード的な位置付け、ということなんだろか。それにしたって、毎回思わせぶりに言葉が出てくる割には、作中の位置づけがやたら低いように思える。そのギャップに、常に違和感を覚えてしまった。
今回の話も、導入部が結構真剣な展開だっただけに、少しは本筋に絡む話なのかなぁ、と思っていたけど結局全く進まなかったのは残念。地上波最後ということで、少しは思わせぶりに終わらせるものと少し期待していたんだけどな…。特別なエンディングを用意していたところを見ると、今回のは(一部だけ?)地上波の予定に合わせて作っていたような様子ではあるけれど。

ただまぁ、結果として面白くなかったというわけではなく、ギャグを散りばめていたかと思えば、一転してシリアスな展開になったりと、話にそれなりにバリエーションがあって飽きさせない工夫をしていたと感じるし(全部が全部というわけでもないけど)、アクションシーンの作画は、動きにメリハリがあって見応えのある物に仕上がっていた。個人的には、15話の様なギャグ+アクションの話は非常に面白かったなぁ。
無幻と仁という二人のキャラクターが良く立っていて、二人の掛け合いが非常に面白かった、というのも大きい。
ヒップホップ調の音楽も、変わってるし作風によく合っていたと思うので、自分は結構好きだったな。そういえば、この音楽を作っている fat jon 氏は、結構有名な人だったとか(参考)。検索しても結構ボロボロ出てくる。音楽なんかさっぱり聞かなくて、そういう方面には全然疎いので知らなかった…。

そんなわけで、全体的に見れば作品としてはなかなか面白かった。最終回までやれば、自分の中で結構高評価となる可能性を秘めた作品だっただけに、今回打ち切られてしまったのは非常に残念。DVDレンタルでもしてたら借りてくるかなぁ。

来期はフジの深夜アニメは完全消滅の様子なので、もう今後こういった事態が起きないことを期待したい。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。