Entry

Excelは便利だけど、ドキュメント作成にはやっぱりWordを使った方がいいという話

Excelを方眼紙代わりに使う日本人、クレイジーと米国人が驚愕 – スラッシュドット・ジャパン

このエントリを見て思ったことを少し。
以前、自分もExcel仕様書についてあれこれ書いたことがある。

Melog: Archives > Entry – 仕様書はExcelではなくWordで

Excelは色々出来て便利なツールではあるけれど、やっぱりアレはあくまでも表計算ソフトだ。
文章作成としての機能に着目すると、文字は上手く枠に収まらないし、改行も貧弱。スタイルや体裁の調整も手動だし、自動的な連番の生成や目次の生成なんて機能ももちろん無い。
Word、あるいはそれに類するアウトライン機能を備えたワープロソフトを使いこなせれば、Excelで文章を書くなんて馬鹿げた発想にはならないと思う。それぐらい、文章を書く上での機能には雲泥の差がある。HTMLをいじった事がある人であれば、スタイルの概念等はかなりすんなり理解できると思うんだけどね。

Wordは多分、普通の人が思っているよりも遙かに高機能なソフトだと思う。
っていうか、Wordで文章を書きながらちょくちょく細かいところまで設定を見ているのだけど、「んな機能まで必要か?」と思わされる事が多く、明らかに普通の人が使うにはオーバースペック過ぎる機能てんこ盛り。
見出し番号の直後の空間は文字がスペースかタブか、タブならば何文字目にタブ区切りを設定するか、なんて設定が普通の人に使いこなせるかなぁ…。あれのおかげで、「見出しの直後に変な空間が出来てしまう」という事象に悩む人が続出しているというのに…。

Wordの悪いところは、そうした細かい設定を行うためのUIがあまり洗練されておらず、各設定が表示上どんな効果をもたらすのか、逆に表示上における設定をどこで行えばいいのか、といった点がさっぱり分からない点。そのおかげで、使いこなすためにはそれなりに鍛錬が必要になってしまっている。

ただ、逆に言えばそれらを使いこなせればかなり柔軟に文章が作成が可能という事でもある。また、フィールドやマクロを使いこなせば流用しやすいドキュメントの作成も容易。
そんなわけで、何でもかんでもExcelではなく、もう少しツールとしてのWordの価値を見直してもいいんじゃないかなぁ、と思った次第。
いや、別にOpenOffice.orgでもいいですが。あれは日本語周りに未だにあまり信用がおけなくて、あまり使ってない…。

余談だけど、Excelで工程表を作成する事については、気軽に導入できるまともな代替手段が見つからないので、致し方ないという気はするけれど、それでもやっぱり専用の工程表作成ソフトを使うべきだとは思うなぁ。

ちなみに、以下の書籍はWordの使い方やドキュメント作成における姿勢について割と的確な事が書いてあって、かなり参考になると思うのでお勧め。Wordを使いこなしている人も一応読んでみるといいかも。ちょっと筆者の思想が固いという気もするけれど、その辺は読み手側が柔軟になる方向で。

エンジニアのためのWord再入門講座 美しくメンテナンス性の高い開発ドキュメントの作り方


Comments (2 件)

リオン より:

Excelの欠点は認めますが、
米国人の作るプログラムはバグだらけ、
進捗管理もまともにできないのか、MSの製品出荷もたいてい遅れる。
ツール云々より、成果物としての仕様書レベルを比較することが先にあってしかるべきでは?

海水瓜 より:

仕様書の内容については、もちろんExcelでもWordと同等のレベルで物は作れるかと思います。
ただ、結果として同じ物が出来るとしても、その作成過程にかける労力が問題という話です。
改行位置が変わったために延々と改行を入れ直す作業をするハメになるようなツールで書く事で、作業効率が高まるとは私には思えません。

私の知らない凄く便利な使い方があるという話であれば良いのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。