Entry

ドクターヘリにもっと予算を回してください

ドクターヘリの導入で会社悲鳴、運航費持ち出し : ニュース : 医療と介護 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

医師を乗せて事故や災害の現場に急行する「ドクターヘリ」を導入している全国18の病院のうち、12病院で国が想定する出動回数を大幅に上回り、公的な補助金だけでは運航費をまかなえていないことがわかった。

去年の9月に、父親が事故で入院した際に、ドクターヘリのお世話になった。その時、「ヘリで運ばれなかったら危なかった」とか言われた身としては、ドクターヘリにはきちんと予算を回して欲しいと思う。

父が事故を起こした長野県は、山が多くて車で運ぶとヘリよりもずっと時間がかかるため、一刻を争う状況ではドクターヘリの有無が生死を分けると言っても過言ではない。そういう意味で、長野県はドクターヘリを導入していたのは不幸中の幸いとも言える。本当にありがとう佐久病院。
そういえば、その佐久病院に見舞いに行った時、病院にいる間ヘリがひっきりになしに出動している光景を見た。たかだか数時間いる間に3回ぐらい出動してた日もあったような。確かに、あれでは国の想定する240回を簡単に超えそうだな、と思う。

ちなみに、ドイツではドクターヘリ発祥の地であり、ドクターヘリの導入については世界的にかなり先んじている。そこでは、ヘリコプター救急 – Wikipediaによると、

日本に先んじて導入されたドイツでは、国内に73機配備されており、国内何処にでも要請から15分以内に到着できる。ドクターヘリ導入後、交通事故の死亡者が1/3に激減したと言われている。

と、その効果は折り紙付き。

そんなわけで、国がドクターヘリの充実及び補助を行っていく事を切に望みます。

情報元:– Empty Talk -(2009-06-26)


Comments (2 件)

JOKER より:

同感です。私も佐久のドクターヘリで事故現場から、飯田市立市民病院に搬送され命を救われました。腹内で出血が酷く、交通事故の死亡者が1/3に激減したその中の一人です。

海水瓜 より:

やはり、ドクターヘリの効果は目覚ましいものがあるのだな、と思いました。
予算の調達も大変であろうとは思いますが、実際に助けられた側にとっては、それだけのコストをかける価値があると実感できます。
ドクターヘリを充実させることで、更に多くの人間が助かると良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。