Entry

イギリス旅行 その9 (7/13) National Gallery, グリニッジ天文台

この日は一日フリーなので、自分の気になった所に立ち寄る。

バッキンガム宮殿

この日朝から訪れたのは、2日目にもちょっとだけ訪れたバッキンガム宮殿。バッキンガム宮殿では、この時期は毎日午前中に衛兵交代のセレモニーが行われており、それを見学しにきた。イギリス観光の目玉的存在なので、この時間は物凄い人でごった返す。少し早めに着いてバッキンガム宮殿の正門前に陣取ったけど、人が多くて大変だった。おかげで、結構間近でセレモニーが見られたけれど。

観光の目玉になるだけあって、見栄えも良くて面白あったです。衛兵がきっちり整列して行進する様は圧巻。この日は結構暑かったので、こんな中であんな暑そうな格好して毎日やるの大変そうだなぁ、とは思ったけれど。

The National Gallery

次に、トラファルガー広場にあるイギリスの有名な美術館、ナショナルギャラリーにやってきた。

フランスのルーブル美術館は、美術館と言いながらも博物館の役割も担っていたけれど、これは正真正銘美術館なので、絵画が多数展示されていた。有名なゴッホのひまわりもここに展示されている。その他、ゴッホの作品が多数展示されている。その他、教科書で見たいような有名な絵画が多数展示されているのだけど、正直絵画はそんなによく知らなかったりする。ここは入場無料になっているけれど、申し訳ないので一応いくらかの寄付をして入る。

地元の子供が作ったと思しきニャー将棋ならぬニャーチェスみたいな展示は可愛らしくて良い感じ。

建物の外に出ると、色んなアーティストが自分の作品(持ち芸?)を披露してて、結構面白かった。

itsu

疲れたので、近くに目に付いた店で昼食。itsuという、日本食のチェーン店。ロンドン歩いてるとあちこちで見かけるので気になっていた。とりあえず、オリジナルのパック寿司「Chicken Teriyaki Dragon Roll」を食べる。

不味くても話のネタとして全然問題ないと思っていたのだけど、残念なことにこれが結構うまい。名前の通り、照り焼きチキンを巻いていて、表面にふりかけてあるザクザクした衣がよくマッチしている。普通に日本売ってても買いたいぐらいには美味い。

あまり関係無いけど、「Dragon」はこの数珠繋ぎに連なった形状を指していると思うのだけど、この東洋タイプのドラゴンの形状は、西洋でも通じる認識なんだろうかと疑問に思った。

グリニッジ天文台

この日はあまり行き先を真面目に決めていなかったのだけど、時間があったのでグリニッジ天文台に行ってみることにした。ロンドンの中心からだいぶ離れた行きにくい場所にあり、電車にしばらく乗ってBlackheathという駅で降りた後、さらに、こから30分ぐらい歩かなくてはいけない。こんな感じのだだっ広い公園をひたすら歩く。

そんなこんなでようやく到着。

ここは博物館になっており、昔の天文観測部屋や、かつて使われた望遠鏡が展示されていたり、なかなか見応えのある展示が多かった。

それから、この施設には東経0度の子午線を示すラインが引かれている。ただ、これはグリニッジ子午線という昔使われていた子午線で、現在は100mぐらい東にずれた本初子午線が世界標準になっている。なので、ここは記念碑的な意味しかないのだけど、観光的にはこちらの方が有名らしい。

ここではこの子午線をまたいで立つのが観光の慣例らしいので、自分もやってみる。

このあと実際に、現在の正しい子午線の位置まで移動してみたのだけど、特に何の目印も観光ポイントもなかった。清々しいほどに何もなかった。せめて何か線が引かれているぐらいは期待してたのだけど…。

反米デモ

グリニッジ天文台からトラファルガー広場まで戻ってきたところ、何やら非常に騒がしい。この日、トランプ大統領がイギリスに来ていたので、反米デモがロンドン各地で行われており、このトラファルガー広場がかなり大規模なデモの場になっていた。

ざっと見た感じ、デモと言うよりはただ単に若者が踊って騒いでるだけという印象だった。当然のように、あちこちゴミが散らかっている。多分日本でやったら、方々から叩かれまくる感じだけど、ここではこれが普通に受け入れられているらしい。
今の日本で、政治に無関心で何も言わない/言えない社会よりも、これぐらいカジュアルに自分の主張をして政治参加が行える土壌があった方が良いのだろうなぁ、と個人的には何となく思った。流石にゴミの散らかしは良くないと思うけれど。これを見たのは単なる偶然だけど、国による政治意識の違いが垣間見えて興味深かった。

そんなのを横目に見ながらホテルに帰る。

この日の行程

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください