Entry

アニメ新番組あれこれ 2009年4月 その1

うがー、気付いたら4月になってからもうこんなに経ってる…。
最近は寝ては起きての生活でした。これからもそんな感じです。

アイ!マイ!まいん!

チラッと見たけど、さほど真面目に見る気は無い。
これはアニメというか、子供向け料理番組か。「ひとりでできるもん!」か「味楽る!ミミカ」辺りの後継番組という感じかなぁ。いかにも子供向けな感じの内容だな、と思った。アニメパートの絵柄がやたら萌えキャラっぽいのは、現代的と呼ぶべきなのかどうか。
あと、実写パートの子はずいぶんレベル高いなー、と思った。…などと考えるのは自分だけではなかったようで。
かわいすぎるぞ!クッキンアイドルまいん役の女の子の福原遥ちゃん10歳:アルファルファモザイク
何だかなぁ…。

Phantom ~Requiem for the Phantom~

真下監督作品…という一言で括れそうなぐらいパターン通りのアニメな感じ。以前、「ノワール」「マドラックス」「エル・カザド」を指して真下三部作などと銘打っていたけれど、これを加えて四天王ですね。…と思ったけど、これはエロゲ原作付きらしいので、ちょっと違うか。
思わせぶりな台詞を淡々と繰り返すいつもの真下作品なので、あまりこれと言って見所を感じないというか…。主人公が「Noir」の霧香っぽいので何となく懐かしくなった。

Pandora Hearts

「黒執事」みたいなコテコテの女性向けを想像していたのだけど、意外と普通に見られた。ちょっと面白いような気がしてきた。
最初は主人公が事件に巻き込まれてばかりだったので入り込めなかったのだけど、アリスのキャラがハッキリしてから少し興味が湧いてきた。
イメージ的には、ガンガン系とかマッグガーデン系とか、あの辺の作品に見えるなぁ…と思ったら本当にそんな感じだった。あの辺の系統ってどうにも似たイメージがあるなぁ。自分の頭に思い浮かぶのは、「魔探偵ロキ」とかその辺。

けいおん!

あ、これ結構面白いかも。というか、結構気に入ってしまった。
京都アニメーションという事で「らき☆すた」辺りの毒にも薬にもならないどーでもいい話を延々と繰り返すアニメかと思っていたのだけど、内容が主人公の成長を軸にして描かれているので、結構安心して見られる。
作品のストーリーや展開にきちんと軸があるアニメは方向性がしっかり定まっていて面白いし、スポ根物…というか、アニメを通してキャラクターの成長が実感できる作品というのは非常に好き。
まー、この作品がきちんとそういう方向で持っていくのかどうかは知らないけれど(笑)。
あと、このOPとEDは結構良いと思う。歌とか映像とか、きちんとアニメに合わせて丁寧に作ってある感じが窺える。ところで、この作品の出演声優が実際に楽器の練習をしているという話をネットで見かけたのだけど、もしかしたら最終話で、声優の演奏したバージョンをアニメの中で「キャラクターが演奏している曲」という形で披露するのかなー、と予測。そういう変わり種な演出をやってくれると、かなり面白い事になりそう。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。