Entry

アニメ新番組あれこれ 2007年10月 その4

OBAN STAR-RACERS

うっかり1話見逃してしまった…。
フランスとの合作アニメらしいです。キャラクターデザインにちょっと癖がある感じだけど、それ以外は割と普通…というか、結構面白いですよこれ。話の流れが分かりやすいし、人間関係の進展やレースなど、色々見所があって良い感じ。あと、主人公の破天荒な性格が痛快で、きちんと物語を動かす方向に行動してくれるので、見ていて楽しい。
全然ノーマークだったけど、これはちょっと期待かもしれない。

あと、OPがAKINOなのはビックリだ。アクエリオン以外にももっとアニソン歌って欲しい。

しゅごキャラ!

しゅごキャラ!この前「ZOMBIE-LOAN」が放送されたと思ったのに、またPEACH-PIT作品。アニメ化実績のある作品を持つ作家は強い。

「なかよし」連載という事で、内容は割と子供向けだけど、これが意外と面白い。本来は奥手な性格なのに、クールなキャラという評判だけが一人歩きしてしまい、そのギャップに悩む主人公あむと、そこに現れた3人のしゅごきゃらのドタバタ展開が割と良い感じ。
あと、きちんと「キャラ作り」をテーマにした変身シーンやエピソードなど、一貫した作品の方向性があるので、見ていて安心できる点が好感触。
それから、自分を素直に出したいあむが、「私の心、アンロック」とか言って変身するシーンが、えらく純粋な感じで何だか新鮮です。
とりあえず今のところかなり良い感じなので、この調子で続けてくれればいいや。

ところで、「しゅごキャラ」って舌足らずに「凄キャラ」を表現した「しゅごキャラ」じゃなくて、「守護キャラ」って事なのか。

機動戦士ガンダム00

機動戦士ガンダム00まぁ良くも悪くも話題の作品。話題の作品なのであまり色々突っ込みたくないから簡単に。

美形キャラ出しておけばいいみたいな方向性は、「SEED」の成功を踏まえた結果なんだろうけど、「いかにも」なキャラばかりなのが何だかなぁ。「LOVELESS」見てるみたいで、そのうち「好きだよ」とか言うんじゃ無かろうかと思ってしまう。
ガンダムが現れた途端、その解析が方々で一斉に始まる様子はちょっと面白かった。パッと見は地味だけど、そういうシーンは「正体不明の敵に狼狽える様子」がよく表現できていて結構重要かな、と思う。あと、展開が分かりやすいので結構見やすいと思った。そんな感じで、全体的に割と真面目に作品を見せる努力をしているような印象を受けた。
しかし、ガンダムのデザインがあんまり格好良くないのはどうなんだろう。「SEED」は話の内容はともかくガンダムのメカデザインに関しては結構良かったと思うのだけど…。

まぁ何はともあれ、ボチボチ見ていきます。

Kawaii! JeNny

Kawaii! JeNnyアニメではないのだけど…なんだこりゃ(笑)。
女の子向けの着せかえ人形でこういうアホな設定と脚本をこさえて深夜に放送するなんて、これ考えた人は一体どういう発想をしているのやら。
ジェニー – Wikipedia」を見ると、本来のジェニーの設定としては、

8月1日生まれ。ハイスクールに通う17歳(20歳・18歳・15歳のタイプもある)。
身長165cm、体重45kg。
ロサンゼルス出身。父は映画のプロデューサー、母はデザイナー。
明るくて好奇心旺盛。少々負けず嫌い。将来の夢はファッションデザイナー。

という事らしいのだけど、この作品を見てるとその設定の方が間違ってる感じがするのはどうしたもんか(笑)。
こんな作品を許してしまうタカラトミーは一体どうするつもりなんだ。着せかえ人形の衣装に「ほっかむり」とか出すつもりなのか(笑)。

ef – a tale of memories.

ef - a tale of memories.
今期は、「Myself ; Yourself」、「キミキス」、「ご愁傷さま二ノ宮くん」といった感じで、エロゲ原作っぽいのにエロゲ原作でない作品ばかり。ようやくエロゲ原作が一つ。
制作会社がシャフトで監修が新房氏という事で、「ぱにぽに」「ネギま」等に見られる、あの頻繁に切り替わるカット演出や独特な配色といった演出は健在。作品の雰囲気に合ってるような演出もあれば、明らかに遊びで入れたような変な演出もあり、これに関しては一長一短かな…と。ただし、ストーリー物に「nice boat」とか変な小ネタを挟むのは全く感心しない。ストーリー作ってる人間に失礼という印象がする。

主人公が複数いる様子なので、それぞれの行動が互いにリンクしていく感じなのかな…。割と真面目なストーリー物を描こうとしている様子ではあるので、悪くは無いんだけど…やはりこの手の作品に多く見られる漫然とした日常という物がどうにもパッとした印象を与えてくれない。
まぁとりあえず、実はロボットだったみたいなキャラクターが出てこないから割と普通に見られそう。
あと、OPとEDは割と気に入ったのだけど、それよりも更に良さげなゲームのOPじゃダメなのかね。「ef -the first tale.」に新海誠氏が作ったデモムービーがあるけど、品質としても普通にTV放送してもおかしくないレベルだし…。

どうでもいいのだけど、「ef memories」とかでGoogle検索したときに公式サイトがさっぱり上の方に来てないのは公式サイトとしてどうなのさ。

ご愁傷さま二ノ宮くん

ご愁傷さま二ノ宮くんコレなんてエロゲ。深夜アニメらしい作品と言えばその通りだけど…。こんな無駄エロしか無いような作品なのに、富士見書房のファンタジア長編小説大賞の佳作受賞で、ドラゴンマガジン連載という。一体どんな文章であの駄エロが表現されているのかは少し気になるけど、まぁどうでもいいや。

とりあえず、沢城みゆきさんの演技をニヤニヤしながら見る感じの方向で。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.