Entry

アニメ新番組あれこれ 2006年10月 その3

もう始まってから1ヶ月ぐらい経ってるんだよなー。まぁいいや。ゆるゆる行きます。

ときめきメモリアル OnlyLove

ときめきメモリアル OnlyLove何だろう、これ…。この作品が何を意図しているのかさっぱりです。
あのネコミミとかのネタは恐らくゲーム中におけるイベントをそのまま表現した物だと思うのだけど、アニメで表現しても馬鹿アニメにしか見えません。それもあまり面白くない馬鹿さだ。
このゲームがどういう物なのかよく知らないのだけど、他者との会話を楽しむゲーム+イベントみたいな物だろうか。ハビタットとか(発想が古すぎる)。
ところで、椎名へきるさんの声を物凄く久しぶりに聞いたような気がする。最後に声優としての声を聞いたのはいつの事やら…。自分の中では「ぽっぷるメイル パラダイス」のコームと「風の伝説ザナドゥ」のメルティナという印象が強い。我ながら知識が極端だなぁ。

ときメモで思い出したけど、「ときめきメモリアルONLINE」のテスターに当選した人に対して、作品の絵がそのまま描かれた封筒が送られてくるという、コナミの封筒爆弾事件なんてのがあったっけ(笑)。あれはいくらなんでも酷すぎだ(笑)。

D.Gray-man

ジャンプ作品だけど、全く読んだ事は無い。
パッと見た感じでは、どこかで見たような設定の集合体みたいだなぁ…と。アニメ化されるぐらいジャンプの中では人気作品なんだろうけど…、それほど面白そうとは思わなかった。何となく、スクウェア・エニックス系の漫画作品みたいだ。「エレメンタルジェレイド」とか、あの辺の感じ。
どうでもいいけど、この作品に登場する神田ユウなるキャラクターが、最近東京MXで再放送している「Tales of Eternia」のキールというキャラクターと何となく似てるなぁ、と思った。

ゴーストハント

ゴーストハントミステリー物かなぁ…と思ってたんだけど、あれだけさんざん推理や儀式を重ねてきたのに、最後の最後で今までとまるで関係のない超能力で済ませてしまうのは、いくら何でもあんまりだ(笑)。しかも、主人公が唐突に切り出すという強引な解決。地盤沈下とどっちがマシだろうか…。
最初は「色んな国の霊能力者が集まって、色んな事件を解決していくのかなぁ…」と考えていたのだけど、この作品の方向性がよく分からなくなってしまった。面白くなるといいなぁ、とは思うけど、正直それほど期待はしてない。
この作品、よく調べたら原作者は「十二国記」の作者なのか…。「悪霊シリーズ」というシリーズ作品だそうだけど、どうも作品の経歴が色々複雑なようで。

ヤマトナデシコ七変化

ヤマトナデシコ七変化「アンジェリーク」の類に近いけど、あれよりは一般向けな感じがする。少女漫画的というか。まぁ少女漫画だけど。
しかし、自分としてはちょっと絵がキツいなぁという印象。作中で登場人物が「カッコいい」という前提になっているけど、「うーん…そうか?」と思ってしまった。普通ならそういう事は脳内で変換してしまうのだけど、この作品に関しては違和感を感じてしまう。最近の絵柄に慣らされてしまったのかなぁ。
それにしても、冴えない主人公が美形に囲まれて云々というハーレム物というのは、やはり少女漫画の世界でも定番なんだろうかね。
監督のナベシンことワタナベシンイチさんは、相変わらず作風が変わってるなぁ。また出演してるのかこの人(笑)。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。