Entry

アニメ新番組あれこれ 2006年10月 その1

新番組の感想。
とりあえず放送順を無視して先にエロゲ原作アニメについて。何故かというと、相変わらずエロゲ原作アニメは内容やキャラクターが似たり寄ったりで区別がつきにくいなー、と思ったので、その傾向を掴むために割と出現頻度の高そうな作品要素をまとめてみたから。ただし、2、3話見ただけだし、思いつくままに書いたから適当だ。馬鹿ですいません。

今期のエロゲアニメ
作品要素 はぴねす! 夜明け前より瑠璃色な Gift 乙女はお姉さまに恋してる
放送局 U局 U局 U局 U局
ヒロイン数(公式サイト) 6(7)? 8? 5? 5?
学校
魔法 × ×
幼馴染み ○?
転校生 ×(△)
メイド × × ×
生徒会長 × ×
刀剣類所持 × × ×
金髪ツインテール × ×
女装 × ×
主人公とヒロインが衝突 × × ×
主人公とヒロインが再開 ○? ×
主人公とヒロインが同居 ○? △?
SD × ×
月とか宇宙とか × × ×
ダ・カーポ × × ×
女子校 × × ×
金髪ツインテールの魔法少女が棒状の物体に乗って空から飛んできて、「どいてー!」って言いながら突っ込んでくるも間に合わずに誰かにぶつかるという、そのドジッ娘っぷりを遺憾なく発揮するシチュエーション × ×

…余計分かりにくくなりました。当たり前といえば当たり前なんだけど。
「夜明け~」は月のお姫様云々という点で、「乙女は~」は女装した主人公という点で多少は覚えやすいのだけど、「はぴねす!」及び「Gift」に至ってはもうどこかで見たような物だらけでワケがわらない。「Gift」に関しては、どこかで見たというか「ダ・カーポ」に見えた。
ただまぁ、こうして書いた後で言うのもなんだけど、個人的に創作物に対して型を定義づけてる感じの行為あんまり好ましいとは思ってない。何かこう、作品に真面目に向き合ってない感じがして、原作者に対して失礼な気がして。いや、実際真面目に向き合ってないんですが。結構個人的な考え方なので、どうでもいい話です。
でも、このどこかで見たような要素を繋ぎ合わせたテンプレートみたいな作品の原作者が、プレイヤー/視聴者に真面目に向き合わせるほど作品を真面目に作っているかどうかは正直疑問。

とりあえず個別感想を少し。

はぴねす!

はぴねす!すいません、これが一番印象が薄いです。うーん…弱った。
お花見の場所に金髪の子が杖に乗って突っ込んでくる場面で、「あれ、このアニメ見たっけ?」と思ったけど、よく考えてみたら「Gift」の方で同じような場面があった事を思い出して、呆れるやら笑っていいやらと思った事が、一番印象に残ったぐらい。
ああ、あとOPがちょっと印象に残りやすかった。

夜明け前より瑠璃色な

20061022_yoake.jpg最初の宇宙艦隊と、月のお姫様云々でとりあえず記憶に残った。あと、鼻をつまむ主人公という設定は、突飛すぎてどうかと思った。そんな変なキャラ付けをしなくてもいいじゃないかと…。
他の3作品に比べて絵がちょっと安っぽい感じがするなぁ…。聞くところによると、3話で作画が大変な事になるとか何とか。制作の人頑張れ。
これも「エマ」「Fate」と同様、TBSが製作に名を連ねているようだ。何で自局で放送しないのかは、未だによく知らない。

Gift ~eternal rainbow~

Gift ~eternal rainbow~…「ダ・カーポ」?主人公の声が一緒だし、設定やキャラ配置などもそっくりだ。1話は特にその印象が強い。
個人的に、こういった「ちょっと不思議」みたいな設定は、「これから良い話を展開するんですよー」といった作者の意図が浅い底から透けて見えるようで少々呆れ気味なんだけど、まぁいいや。
とりあえず、視聴者を掴むためとはいえ安っぽいパンチラはいかがなものかと。

乙女はお姉さまに恋してる

乙女はお姉さまに恋してる原題は「乙女」ではなく「処女」と書いて「おとめ」と読むのか…。凄いタイトルもあったもんだ。
女子校という事で何となく予想はしてたけど、まぁビックリするぐらい「マリア様がみてる」だねぇ(笑)。「ストロベリー・パニック」とも多数重複が見られるけど、元ネタが同じだからしょうがない。しかし、ここまであからさまに取り入れなくても、もうちょっとこう、上手くアレンジするとか何とかならないものか。もし仮に、前期に終わった「ストロベリー・パニック」と放送時期が重複していたら全然シャレにならない。
あのSD表現に関しては、個人的にはちょっとあざとい感じもするけど、まぁ別にこれはこれでありかな、と。しかし、いくらSDだからといってエンディングで思いっきり見せまくりなのはどうかと思います(笑)。

Comments (2 件)

しら より:

あと「Kanon」もありますが、これも再会と学校ですね。「夜明けな」は一応、BS-i(TBS系)でも放送しているということなのでしょう。

海水瓜 より:

あ、「Kanon」をすっかり忘れてた…。見られないので完全に失念してました。それに、色々な意味で特殊な作品なので、他の作品とかなり差別化されていた、という理由もあるかと思います。
ご指摘ありがとうございます。
まぁ、それを反映させるほど大層な表でもないので、とりあえずこのままで…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。