Entry

2004-03-09

2004/3/9 (火)

世界のオタクパワーを借りて日本アニメの海外進出を

海外における日本アニメファンが行うファンサブコミュニティの活動にライセンスを与えてみることを考察した記事。要するに、海外で日本のアニメに字幕を付けたりしてネットに流したりしている、実際には非合法的な活動を行う人たち(要するに海外の熱心なアニオタ)に権利を与えて、字幕等を自由に付けて販売させ、その利益をライセンス元に渡すというビジネスが成り立つのではないか、ということ。

これと同じような事を以前、現実妖精フェアリアルさんがもう少し細かく考察して「ビジネスモデルとしてのファンサブ」という記事に書いてます。
そんなビジネスモデルはあまり聞いたことないけど、確かにインターネットを介せば不可能な話ではなさそうな気もする。ファンサブは翻訳のノウハウの蓄積が多岐に渡る分、字幕の質は企業と同等以上にになることも多い。字幕の質が高まり、すぐにライセンスを受けた字幕付きの動画orDVDが出回るようになるという状況は、海外の人間にしてみれば利点も多い。また、企業にとっても、低コストで翻訳版を出すことができるというメリットがある。

自分は、字幕を付けるだけの実力を持つ(基本的にファン活動のため)コストの安い人的資源が世界中に埋もれているのだから、これを発掘しない手はないと思う。そのような新しいビジネスが成り立つのかどうか、どこか実践してみる冒険心溢れる企業はないものか。

カトゆー家断絶
23:51

『クロノクルセイド』は4月以降も放送します!

…だ、そうです。
以前から4月で打ち切られるのではないかと噂されていただけに、ホッとした。結構面白くなってきたところなのに、打ち切られてもらってはたまらん。
しかし、R.O.Dは…やっぱり打ち切りなんだろうか。

MOON PHASE
23:04

ジャパネットたかた、149人分の顧客情報流出 66万人分の可能性も

毎日新聞社が149人分の顧客リストを入手したとして同社に問い合わせて発覚した、とのこと。内容は、1994年7月から1998年7月に同社の商品を購入するなどした顧客のうち149人分の氏名、性別、住所、電話番号、生年月日、年齢。クレジットカード番号や購入した品物などは入っていなかったそうで。

ついこの前Yahoo BB の大規模な流出が発覚した矢先にこれか!いい加減にしろ。
ただこっちは、”当時、顧客データにアクセスできる社員は同社に2人と、システム開発を担当した日本ユニシスに4人(ユニシス社員2人、関連会社社員2人)いた” ということで、Yahoo BBのようにサポート部門のスタッフが大量の顧客情報を検索・表示することが可能などというどうしようもない状況というわけではなかった模様。ただ、「当時」というのは引っかかるし、データのバックアップ管理が杜撰であった可能性もある。どちらにせよ、結果としては同罪。

とりあえず、「ごめーん、貴方の秘密が他の人にばれちゃった(はぁと。」で済むような現在の状況は何とかならないものだろうか。

22:53

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。