Entry

2004-02-29

2004/2/29 (日)

カレイドスター 47話

天使の技は、客を楽しませたいと思う天使の心を呼び起こす技と気付く話(適当)。

相変わらず無茶な特訓だなぁ、おい。そらの特訓ももちろんだけど、レオンのあの空気椅子は何のつもりだ(笑)。

天使の心は、客を楽しませたいと思う心。しかし、自分の方がより楽しませられるという心が、天使の心を憎しみに変える。天使の技は、その天使の心を呼び起こす。…というドナ・ウォーカーとの会話の内容が、なかなか興味深かった。これで、そらが真のカレイドスターになることと、そらが争いのないステージを目指していることと、天使の技を演じること、という3つの要素が繋がったということになるのかな。
そらの「争いの無いステージ」というのが引っかかってたけど、この説明はなかなか納得できるものであったように思えた。こうなると、後は天使の技を完成させることが目標になるわけだけど、また一期みたいな無茶な特訓するのかなぁ。

それにしてもフールは相変わらずエロいな(笑)。

ところで、どうやらカレイドスターのOVAが出るらしいですな。非常に見たいところだけど、OVAって高いのかな…。無難にレンタルするかなぁ。実際は本編のDVDとかも欲しいところだけど、正直高くて駄目だ。もう少し安ければ買い揃えたりしたいんだけどね…。
それに、プラネテスも揃えたいし。プラネテスは関しては、もう値段とか関係無しに揃えたいと思えるほど面白いので別格です(笑)。ちなみに、Amazonで予約済みです。

23:30

プラネテス 20話

無事一次試験を終えたハチマキが、今度は集団の閉鎖環境テストを受ける話。

試験内容がふたつのスピカの入学試験にそっくり。これ絶対わざとやってるだろ!(笑) ボックスの中にある物を完成させるとか、終了間際に見せかけの事故とか…。こうなると、15話のホテルスピカ&部屋番号「035」も偶然とは考えにくい。スピカと放送日時が被っていることを見越して、ネタを仕込んだんだろうなぁ。

でも、こちらはスピカよりも殺伐としてる。スピカは減圧&揺れのコンボだけど、こちらは電力・酸素等の供給ストップ。
酸素の絶対量が不足していることに気付いて、殺す、殺さないの瀬戸際まで追いつめられる。ハキムは試験終了まで残る手段が思いつかない場合は、誰かを殺してでも試験に残るという。そして試験終了後、そんなハキムと握手を交わすハチマキ。どんどん黒くなっていくハチマキだけど、本当にどうなるんだろう…。本当にもう、木星以外の物が見えていないのか。
一方、ハキムは誰かに何かをこっそり渡している所を見ると、どうやら単純にフォン・ブラウンに乗ることが目的では無い模様。ハチマキは心を許してしまったようだけど、どうやらハチマキとは違う事を考えているようで…。

あと、一次試験に落ち、ハチマキになじられ、すっかり気落ちしたチェンシンが今回、いつもの好青年とは打って変わって本音をさらけ出していたのが、何だか不憫でもう…。完璧超人のままでは終わらないのか、やっぱり。
それから、デブリ課に配属されてしまったクレアもどうなるのやら。

そういえば来週は4話で出てきたボンボンが出てくるみたいだけど、今週はノノが出てきたし、この作品って本当にキャラを無駄にしないなー。

22:27

私信 Grow_one さん

ダンマスのネタに反応していただけるとは思いませんでした(笑)。
こちらからもリンクに追加させていただきます。

21:59

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。