Entry

2004-01-13

2004/01/13 (火)

HITMAN

最近ちっとも真面目にゲームをプレイしてないので(SealOnlineをちょっとやったぐらい)、これはゲーマーとしてあるまじき行為なのではないかと思い(半分嘘)、ゲームを一本やってみることにした。
で、以前からちょっとやりたかった「HITMAN Codename47」をプレイ。暗殺者となってミッションをこなすゲーム。最近PS2か何かに移植されたと思ったのでコンシューマーの人には記憶に新しいかもしれないけど、PC版は2000年発売ということでやや古い作品。しかしこのPC版、実は日本での発売元が潰れてしまったので、皮肉にも2も含めて店頭在庫or中古しかないという現状だったりする。自分の場合はたまたま近くの店の棚にあったのを入手することができた。

遊んでみた感想としては…非常に難しい。いくつかのミッションで構成されているゲームだけど、それぞれのミッションが何度もやり直すことが前提となっているらしく、ミッションに関する情報があまりにも少なくて、何度かチャレンジして傾向を掴んでいくしかない。まぁこの場合難しいというよりも、そういうゲームなのかな、と。
でも、実際ゲーム自体もやや難易度は高め。武器を持ってるところや死体を引きずってる所などが見つかったら即アウトなので、手際よく作業をこなす必要がある。
感心したのは、このゲームはオブジェクトの動きがよくできている。布や植物に触れると、動きに合わせて本当にそれっぽく動くし、死体を引きずってても人体の関節が本当の人の体みたいに動いていたりする。2000年に発売したゲームの割に、良くできた物理エンジンであると思った。
まだミッション4までしかやってないけど、とりあえず思ったのはこんな所。
image

Adobe Reader SpeedUp

Adobe Readerが起動時に読み込むプラグインの種類をあらかじめ制限することで、Adobe Readerの起動を高速化するソフトだそうで。
全てにおいてげんなりする程遅いので最近PDFを全く読まなくなっていたけど、これは後で試してみよう。でもAcrobatの問題は、スクロールや描画が異常に遅いという点もあるんだけどね…。
Adobeにはもう少しマシなソフトを出していただきたい。

00:41

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください