Entry

2003-12-27

2003/12/27 (土)

「西風の狂詩曲<ラプソディ>」特集スタート!

ちょっと気になったので取り上げてみる。

んー…、Windows版を遊んだことがあるけど、正直あまり面白いとは思わなかった。ストーリーはやや良かったけど、移動が4方向しかないのでストレスがたまる、同じマップを行ったり来たりする、戦闘時にユニットが重なれないくせにマップが狭いので、攻撃したくてもできない状況がよく生まれる、なんかキャラクター描写があっさりしてる等、とにかく作り込みが甘すぎる印象。当時はこんなのが韓国でヒットしたのが信じられなかったし、今でも理由がよく分からない。正直、特集組むほどの物とは思えない。もしかしたら、PS2発売時に大きく変わるのかもしれないけど。
同時期に英雄伝説5やってたけど、グラフィック的に劣ってはいたのに英伝5の方がずっと面白く感じた。
ただこの記事見て思ったのは、発売からかなり経った西風がPS2に移植されることになったのは、ファルコムブランドの力が多少なりともあったと思うわれる。ということは、今後韓国からファルコムにローカライズを依頼するケースが増えていくのかもしれないと考えられるわけで。
それはファンとしてはあまり面白い事態ではないなぁ…と。

そういえば、これの発売って高校3年の時の10月で、英伝5が12月だったんだよな…。勉強そっちのけで親に隠れて必死で両作品をプレイしてた頃が懐かしいよ(笑)。

カトゆー家断絶
22:49

2003年末、IT戦士志願者の主張(全文)

何なんだ、ZDNN(笑)。
半年で立派に「IT戦士」として洗脳…鍛え上げられた新人記者Oの経歴を綴った記事。この先どんな行動を見せてくれるのだろうか。
これからも頑張ってITの素晴らしさを世界に広めてください。

参考:
PCUPdate:やっぱりキミは来なかった 「線メリ」と過ごすひとりきりのXmas

22:14

カレイドスター 39話

あー…、プラネテスとスピカが無いと土曜日の気がしない。まぁ、これがあるから何とか感じられるけど…(ダメ曜日感覚)。

今回は、そらはユーリと共にサーカスフェスティバルに出場するも、他の出演者達の態度に失望し、サーカスフェスティバルの優勝が自分の目標ではない事を知り、目指す物が見えなくなってしまって絶望する、という話。多分。
最近はそらの勢いが無いので、作品見ててもテンションが上がらないなぁ。でも、つまらないというわけではなくて、そらの苦悩がよく描かれていて結構面白い。
今回は、そらが自分の目指す物とレイラの目指した物の違いを強く感じ取った話…ということでいいのかな。「サーカスフェスティバルで優勝する」ことが夢ではなかった、ということは、以前ちらっと出た「楽しいカレイドステージを作る」というのがキーになってくるのかな?
ところで、途中で止めてしまったとはいえ「天使の技」をあっさり決めてしまった点はどう評価されるんだろうか。

22:08

見ては駄目! 『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』予告編が大ネタバレ

そりゃあ予告を作る側も一番盛り上がるクライマックスを適当にピックアップして映像を作るなり広告を打つなりした方が楽だろうな。しかし、本筋に触れないシーンを見せて盛り上がるように仕上げてこそプロの仕事だろ、と言いたい。

この記事を見て知ったけど、公開は2月なのかー。気が向いたときに見に行こうかな。原作付きだからマトリックスみたいに酷いことにはならないだろうし(笑)。

01:08

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください