Entry

真紅の声を合成

「ローゼン」真紅が思い通りにしゃべります NECの音声合成実験サイト – ITmedia News

これ凄い!マジ凄い!感動した!
「ローゼンメイデン」の真紅の声による合成音声を作成できる「Alice Project」がオープン。

100文字までのせりふを入力すると1秒ほどで音声合成し、せりふに合わせて口を動かす真紅の動画を作成・公開できる。真紅の声を担当する声優の沢城みゆきさんの声のデータベースをもとに、NEC共通基盤ソフトウェア研究所が開発した音声合成エンジンで合成する。

どんなものかと思って試してみたけど、これは凄い。本当に真紅の声色で喋ってるように聞こえる。単純にテキストを入力しただけでは少々ぎこちない声になってしまうけど、調整次第でかなり本来の真紅の声に近づけるようだ。今はまだアクセスがかなり集中していてサイト重すぎる上、なんかバグが発生しているらしくきちんと編集ができないから簡単にやってみたけど、編集ツールは結構使いやすいと感じた。あとこれ、きちんと漢字も認識してくれるのね。
まぁ、これは「ローゼンメイデン」のコンテンツというよりも、合成音声研究のサンプル集め+研究者の趣味丸出し、という感じに見える。

「ローゼンメイデンは、人形が完璧な少女『アリス』になることを目指すというストーリー。まだ不完全な音声合成エンジンの性能を完全なものに近づけたいという思いとマッチしている」――ユーザーが合成音声をどのように修正したか調べ、エンジンの精度向上につなげる。「数千の修正データが集まれば、実験データとして使えるのでは」

ノリノリだなオイ(笑)。
しかしこれ、「ローゼンメイデン」の雰囲気を重視したサイト作りといい、生成した音声を投稿できるシステムといい、サービスの作り方が凄く上手いと思う。サンプルの効果的な収集という事もあるのだろうけど、単なる合成音声の研究に留まらず、新しいサービスの開発という側面も強いのだろうと思う。もちろんただの趣味という可能性も十分にあるだろうけど(笑)。
しかしこれだけの物を作られたら、研究者冥利に尽きるだろうなぁ。

 目標は、真紅の話し方を修正不要で完璧に再現できるような音声合成エンジンを完成させこと。そんなエンジンができれば、好きなせりふでアニメキャラの着ボイスやアバターの音声アイテムを作る――といったサービスに応用できると考えており、アニメビジネスでの活用の可能性も検証していく。

合成音声技術は、将来的にかなり有望な市場が拓けると思う。
以前から、合成音声を使った「遊び」はネット上によくあった。自分が一番最初に意識したのは、ポエヤマさんのゴノレゴシリーズかなぁ。それ以外にも、Windows標準で使える合成音声機能を使った馬鹿フラッシュはかなり数多く見てきただけに、以前から合成音声市場は需要があるであろうとは思っていた。
それがここ最近の「初音ミク」の台頭によって、一気に顕在化してきたように感じる。「初音ミク」は特に、「ニコニコ動画」のような動画投稿サイトの存在と相まって合成音声の可能性を一気に広めた凄い存在だと思う。
そして今回唐突に降って湧いた、ほぼ元の声を再現しているアニメキャラ声による合成音声。テキストから好きなキャラの音声を生成するのだから、需要が無いとは到底思えない。
個人市場は拓けなくても、カーナビ、ガジェット、音声案内、等々応用の場所は数多くある。今回のサイトのような新しいサービスが開発される可能性も十分にある。

以前も一度書いたのだけど(Melog: Archives > Archive – カーナビにアニメ声を)、自分はアニメ声のカーナビが出たら車買ってもいいという、手段と目的が完全に入れ替わっている事を、半ば本気で思っていたりします(馬鹿)。というか正直な話、翠星石の声があればいいかな、とか思ってました。オタクですいません。本当にすいません。
しかし、今回いきなり真紅の合成音声が出てきた事は、遙か遠く彼方のその更に向こう側にあると思っていた物が唐突に目の前に出現した感じで、かなり面食らってしまった。単にアニメ声の合成音声というだけでなく、望みの作品まで一致ですよ。

そんなわけで、カーナビ開発者はさっさとこれをカーナビに採用するように働きかけましょう。今すぐにでも。

再生1
再生2


Comments (1 件)

Melog より:

Alice Project 終了間近

ローゼンメイデン アリスプロジェクト | アリスプロジェクト(音声合成公開実験)終了のお知らせ 多くの人形師の方々のご協力を得て、西暦2007年12月17…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。