DELL U3219Qの良かった点

DELL U3219Qの良かった点

最近、ディスプレイを買い換えたので、せっかくなのでそれについて少し書き残しておく。

DELL U3219Q

旧ディスプレイ: DELL P2715Q [購入日 2015年2月, 価格 65,660円]
新ディスプレイ: DELL U3219Q [購入日 2020年12月, 価格 93,481円]

主な購入理由は、仕事がリモートワーク主体になったことにとなってPC周りの環境を整えようと思ったから。現在、私用PCのメインディスプレイと、仕事用PCのサブディスプレイを共有して使っており、この運用で色々不便が生じていたため、それを改善したかった。具体的には、以下のようなメリットを求めたから。(事前調査済み)

メリット

画面が32インチ、ベゼルが小さい

最近、夜になると視力が低下して、27インチのディスプレイだと細かい部分が見えなくなり、夜の作業がしにくくなってしまったため、大きなディスプレイが欲しくなった。しかし自分のPCデスクは二段になっていて、上側のサイドテーブルに干渉しない範囲の上限が32インチになる。前ディスプレイと同じ解像度の4kディスプレイかつ、32インチのジャストなディスプレイが新ディスプレイだった。ベゼルが小さいので、比較的可動領域が大きく取れる点も良かった。

90W PD (Power Delivery)

今の仕事はMAC Bookを使っているので、USB Type-Cで充電 (PD) & サブディスプレイ接続ができるディスプレイが欲しかった。これがあるとケーブル1本でディスプレイと繋げるので、机上環境がスッキリする。MAC Bookは60Wなので90Wである必要はないけれど、別のPCで必要になる可能性はあるので、余裕がある分に越したことはない。
ちなみに、何故か公式サイトの仕様にPower Deliveryの記載はない。マニュアルにはある。謎。この記載があるだけで売上が結構変わると思うのだけど…。

自動ディスプレイ切り替え

旧ディスプレイは、ディスプレイの切換は全部手動だった。毎回、仕事開始と仕事終了のタイミングでディスプレイをカチカチ切り替えて、私用PCの画面に切り替えるのが面倒臭かった。新PCは、画面の信号が送られている入力端子に自動で切り替えるようになっていおり、USBで繋いでいる側を優先しているので、この辺が解消されている。例えば、私用PCを立ち上げて、仕事用PCの電源を落とすと、勝手にディスプレイが切り替わる。とても楽。

USBの切り替え

新ディスプレイはUSBハブ機能が付いているのだけど、このUSBハブは、映している画面によって接続先が切り替わるという特殊な機能がある。例えば、USB Type-C接続でディスプレイを映している時は、そのUSBの繋いでいる先がアップストリームになる。一方、それ以外の入力端子からの画面に切り替えると、ディスプレイにあるUSBアップストリームの端子に繋いだ先が自動的にアップストリームに切り替わる。
すなわち、キーボード/マウスのレシーバをディスプレイのUSB端子に繋いでおくと、私用PCと仕事用PCで同じキーボード・マウスが使えるということになる。これがとても便利。自分はLogitechのキーボード・マウスを使っていて、Unifyingレシーバを刺して運用しているので、両方で同じものを使えた方が何かと作業効率が良くなる。

信号喪失しない

旧ディスプレイは、ディスプレイ自体の不具合なのかどうか知らないけど、ディスプレイの入力を切り替えていると、たまに信号を喪失して画面に何も映らなくなる。こうなると、電源ケーブルを引き抜いて再度差し直すぐらいしか復旧方法がない。これが結構頻繁に起こるのでストレスだったのだけど、解消されたことで大変快適になった。

デメリット

という感じで、ここまで購入のメリットを挙げてきた。一応デメリットの方も書いておく。

高い

ディスプレイ自体は10万ぐらいする(旧ディスプレイは6万ぐらい)。ちょっと高い。ただ、モノは良いので10万なりの価値はあるかな…と思う。なお、DELLの公式サイトではたまに20% OFFクーポンが発行されているので、それを使うとあと5000円ぐらいは安くなる。自分が買った時は15% OFFクーポンが出ていた。ちなみに、10% OFFクーポンは常に出ているので、狙うなら15%以上。Amazonでも買えるけど、たまに大きく値下がりしたタイミング以外では、公式の方が安いと思う。

USB Type-Cの転送速度が USB 2.0

USB Type-Cで繋ぐとディスプレイがUSBハブとしても機能するが、その場合の転送速度がUSB 2.0の480Mbpsになる。これは仕様。どうにもならない。これが不満な場合は別のディスプレイを当たるか、後継機種を狙うか。

まとめ

そんな感じで、U3219Qのメリット・デメリットを書いてみたけど、買ったこと自体は非常に満足している。今まで不満だった箇所がほぼ解消したので、大変快適になった。自分は、これをディスプレイアームで使っているが、特に問題なく使えている。仕事環境も私的環境も充実したので、作業が色々捗る。

余談だけど、実は最近、リモートワークへの切り替えに伴って職場のディスプレイを社員に格安で販売していたのだけど、机上の環境とサイズが合わずに断念している。このディスプレイだったら速攻で注文したんだけどな…。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。