Daily Index - 2011年05月04日 (2件)

2011年05月04日のエントリー一覧

募金をするということ

震災募金してる団体ってどこまで正確に金額管理してるんだろうな。
寄付された正確に金額を把握し、その金額を送金した事を証明し、かつ公開できる団体以外に寄付したくもないし、するべきでもないと思う。
街頭で募金活動をするのはいいけど、アレはそういった情報がまるで見えてこないので、集められたお金がどこでどうなってるのか分かったもんじゃなくて、個人的に信用できない。
その体勢を整える事ができないのであれば、それが出来る信頼ある団体への寄付方法をレクチャーするボランティアをすればいい。

また、日本赤十字等の送金を受け付ける側は、送金元の団体全て送金金額を公開し、金額が正しく送金された事を第3者が確認できるような体勢を整えてほしいと思う。

募金は実体が見えにくくて、どうにもやりにくい。個人的には、募金のプロセスやシステムを統一して、どの団体に寄付しても確実に金の実体が把握できるようなプロトコルの実現を望みたい。

miniUSBとiPadの接続

miniUSBとiPadを接続しようとする話。

多数のガジェットを持っていると、PCと接続してデータ転送(または充電)するためのUSBケーブルが必須になってくる。
概ねminiUSBを用意しておけば何とかなるけれど、最近はmicroUSBも使われる。そんなわけで、PCの脇にはminiUSBケーブルを垂らしておいて、端にminiUSB(Bタイプ)→microUSB変換アダプタを転がしてある。
ところが、たまに一般的な規格ではなく特殊ケーブルを必要とするデバイスがある。っていうか、iPhoneとかiPadの事なんですが。こいつをPCと接続しようとすると、iPad用の変換アダプタが必要になる。
ケーブルが2つになるのは美しくなくて気にくわないので、miniUSB→iPad変換アダプタという物が欲しかったのだけど、どう探しても見つからない。通常のUSB→iPad変換アダプタはごまんとあるのに…。
miniUSB→iPad変換の方法を模索したところ、以下の方法を思いついた。

  1. PC
  2. USB – miniUSB(B)変換ケーブル
  3. miniUSB(B)メス – USB(A)メス変換アダプタ
  4. USB – iPad変換アダプタ
  5. iPad

接続部を写真で表すと以下のようになる。

うーん、やっておいて何だけど、ここまでムリしなくてもいいかなぁ…と。普通に市販のminiUSB→iPad変換アダプタがあれば一挙に解決なんだが。

なお、USB – miniUSB(B)変換ケーブルと、USB – iPad変換アダプタはどこにでも売ってる。問題は、miniUSB(B)メス – USB(A)メス変換アダプタ。要は、miniUSB端子を通常のUSBの端子に変換するもの。あまり需要が無いため一般的ではない。具体的には、以下の製品となる。

USBAB-M5BN

通販以外では、秋葉原のTWOTOP等で棚の脇に吊ってあるのを見かけたけど、そのぐらいしか見かけないマイナーな商品です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。