Entry

2004-03-21

2004/3/21 (日)

プラネテス 23話

宇宙防衛戦線が月面基地の静かの海市にフォン・ブラウン号を墜落させる計画を実行するために、フォン・ブラウン号を乗っ取ろうとする。その実行メンバーには、ハキムとクレアの姿があった…という話。

ここに来てまた物凄く面白くなってきた。まさかとは思ってたけど、本当にクレアが宇宙防衛戦線に加わるとはね…。エルタニカの出身であるため発展途上国の惨状をよく知っている上に、目の前で同出身のテマラの努力の結末を目撃しているため、宇宙防衛戦線の主張に同調してしまうのは無理からぬことだったんだろうか。
このまま宇宙資源を先進国クラブに独占され続けると、先進国と発展途上国の経済格差はますます広がる一方で、それを防ぐために行われたのが以前のケスラーシンドローム計画であり、開発の足がかりであるフォン・ブラウン号および静かな海市の破壊ということなんだろうけど、それは発展途上国の発展ではなく先進国の後退によって格差を是正しようとする考え方で、エルタニカの産業を豊かにすることで、発展途上国の前進の足がかりを作ろうとしたテマラの行動とは正反対となっている。ということは、クレアにはテマラの言葉は全く届かなかったということなのかな…。
宇宙防衛戦線の主張は、やはり安直で後ろ向きな考え方だと思う。一時的に格差が縮まっても、根本的な国力の違いから再び同様の状況が生まれてしまうことは目に見えている。その国力をつけるためには、やはりテマラのように国を豊かにする方向で努力していく必要はあるのではなかろうか。まぁ、これは理想論なんでしょうけど…。

それにしても、何で来週は放送無いんだ。クレアは死んだのか?ハチマキはハキムを殺せるのか?デブリ課の面々は?次回が気になって気になってしょうがない。NHKは生殺しにするつもりか!?

23:03

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。