Entry

まぁでもjdkなんで・・・vol.5 に行ってきた

Falcom jdkバンドライブ2013特設サイト

2月11日に開催された、「イースアコースティックライブ ハッピーバレスタインディ まぁでもjdkなんで・・・vol.5」に行ってきた。…という感想を今頃になって簡単に書く。遅いのは自覚してる。

本当はこのライブ、予定が合わなくてチケットが取ってなかったから行く予定ではなかった。しかし、直前になって予定が空いて行けるようになった所で、とある方からチケットが余っているとの情報を頂いたので、当日会場前でチケットを譲っていただくというウルトラCを達成。無事会場入りすることができた。今回は最後のまぁでもjdkという事で、ちょっと行ってみたかっただけに、譲っていただいた方には感謝してもし足りないぐらいです。

まぁでもjdkなんで・・・vol.5

今回のまぁでもjdkは、いつも通りjdk BANDメンバーによるアコースティックライブ + トークショウという構成。
今回のライブで印象的だったのは、DesireとBrand-new Memoriesが聞けた事。両方ともライブで聞くのは初めてだったと思う(他の曲は確か、アレンジ違いを含めていつかのライブでやってたような記憶)。Desireはジャズアレンジが局によくマッチしてて、聴き応えがあったと思う。これは普通にCD音源が欲しいと思ってしまうぐらい。Brand-new Memoriesは「イースV」のボーカルアレンジ。原曲は「Niena」で、元々川菜翠さんが歌ってた曲。歌詞は完全にイース5の内容に合わせたもので、好きだったのでよく聞いてたなぁ。数年ぶりに聞いた曲のはずなのに、普通に歌を口ずさめるぐらい。そんな曲を生で聞けたのがとても嬉しかった。
ちなみに、この「Brand-new Memories」が出た辺りで、「あー、これはイース1~7の曲からそれぞれピックアップして演奏する気なのかなぁ…」と何となく気付けた。
もちろんそれ以外も良い曲がたさくん聞けて、個人的にアコースティックライブは大満足です。

第2部のトークショウは、相変わらずjdkのファルコムオタクトーク。相変わらずアレなトークが迸ってて楽しかった。
あと、空の軌跡ざんまいの告知とか、ファルコムソングスの歌い方DVDビデオの告知とか…って、歌い方DVDビデオって何だそれ。どんな内容なんだろう…。空の軌跡ざんまいは期待してる。それにしても、年度末はFalcom Music Chronicleも出るし、昨年夏のライブBlu-rayも春頃発売だし、これだけ立て続けに色々出てくると追いかける方も大変だ。

そういえば、途中で映像で映ってた社長も話していたけれど、これからファルコムが閃の軌跡に向けて取り組んでいく中で、こういうイベントを無くしてしまうのはどういう意図なんだろう?という疑問は残った。次回のjdkライブも特に決まってないし…。もしかしたら、閃の軌跡に合わせて大々的に何かやるフラグなのかもしれないなぁ、とプラスに考えておくとしよう。

そんなこんなで、最後のまぁでもjdk感想はそんな感じで。
jdk BANDメンバーの皆様、本当にお疲れさまでした。これからも活動を応援していきますので、頑張ってください。こういうイベントが終わってしまうのは寂しいですが、またきっと次の機会はあることを期待してます。
ひとつの旅が終わってー 僕らは別れるけど 夢追い続けていようー もう一度会うためー♪ っていうアレな感じで。

最後に、チケットを入手するまでにお世話になった方々、会場で色々話をした方々、おかげでとても楽しい時間を過ごす事ができました。重ね重ね感謝です。

まぁでもjdkなんで・・・vol.5


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。