Entry

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星 感想

もうほとんど上映してないと思うけど、「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」を見てきた。1ヶ月ぐらい前に。感想が遅いのはいつもの事。

大まかな感想としては、色々詰め込みすぎだなぁ…と。もうちょっとこう、兄妹の話なのか、都市の秘密なのか、錬金術の話なのか、紛争問題なのか、もう少し見せたい要素を絞り込んで、メインにしたい話の主軸を大きく見せて、その他はオマケ程度で良かったのでは?と感じた。
色んな要素を詰め込みすぎたおかげで、視聴中に話に追いつくのに大変難儀した上に、ストーリーの方向性もぼやけてしまって何だかもやもやした消化不良感が残った。「あれ、これで終わっていいんだっけ?」みたいな感じの。あと、ジュリア兄貴だと思ったら実は×××だったというのは伏線や設定の見せ方が少なすぎて、ちょっと唐突だったし、そもそもの設定が強引すぎると思った。
ただ、さすがに劇場版だけあって、戦闘シーンは安心のクオリティだったので、その点は良かったと思う。要所要所でアクションシーンがあるので、盛り上がりはそこそこ。

全体的を通してみた感想は、悪くは無いけど脚本が欲張りすぎてイマイチなアニメ映画。どっちかというと、旧作の映画の方が面白かったなぁー、と。
ところで、なんでエドの目はあんなカラフルな色彩になってるんだろう。そこが凄く気になった。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。