Entry

劇場版 戦国BASARA -The Last Party-

現在上映中の「戦国BASARA」の映画を、2週間前ぐらいに見てきた。

全体的な感想としては、ファンサービス色の濃い作品だったなー、と思った。というのも、主要キャラ全員を出すために脚本に苦心した様子があちこちに見られたから。そこまでして全キャラ出して、共闘シーンを描きたいのかとか、毛利と長宗我部の扱いは、もう少し何とかならなかったのかとか、色々突っ込みどころはある。
ただまぁ、ファンサービス映画という点では十分合格だと思ったし、アニメ映画単体としても良く出来ていたと思う。熱いシーンやら迫真のシーンやら、盛り上がり所もきっちり抑えてあり、出来としては満足のいくものだったと思う。
ただ個人的には、石田三成がひたすら「秀吉様ー!!」と叫んでる映画という印象が一番強かった。あと、上映前の注意事項アニメが面白かったなぁ…と。

そういえば、映画館の女子率が異常に高くて、映画終わった後にキャーキャー叫んでたのが印象的だった。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。