Entry

ATOK for Android

ATOK – Android マーケット

Android用ATOKがリリースされたので早速購入。セール実施中につき、6月27日の10:00までセールにつき、通常1500円のところが980円。元より使うつもりだったので、さっさと購入してしまった。
Android用ATOKは以前から体験版がリリースさていていたので、今さら特に目新しいところはない。設定がいくつか追加されているのと、キャリア別にリリースされていたパッケージが統合され、キャリア問わず使用できるようになっている点がちょっと違う。あと、微妙に反応速度が向上してる?気のせいかも。

全体的によく出来ており、変換精度、入力予測、操作性などかなりよく作り込まれているため、日本語入力の決定版と呼んでも差し支えない。1500円で購入しても特に後悔しないと思う。というか、Windowsだと数千円で、Androidだと1500円になっちゃう価格設定基準は何か色々歪だよなぁ…と思います。
辞書データについては、従来の体験版からアップデートすると、自動的に引き継がれる仕様。ただし、0.9.7になってないと引き継がれない。
ちなみに、iOSは仕様上こうした日本語入力ソフトが存在しない。これは、iOSとAndroidの結構決定的な差だと思うなぁ。

あとは、WindowsとAndroidの辞書の同期ができるようになれば良いんだけど…。Justsystemは一応やるつもりみたいな発言をしているけど…どうなることやら。

追記

ATOK購入時、いつまで経っても「承認中…」の状態から抜けられない状態に陥った。とりあえずキャンセルしてみたところ、ソフトは「購入済み」の状態に。しかし、ダウンロードしようとすると「ダウンロード中…」となった瞬間にすぐ「ダウンロードできませんでした」と表示され、ダウンロード処理が停止してしまう事象が発生。ダウンロードもキャンセルもできない状態に陥る。
今回、初めてSoftbankのキャリア決済というものを試してみたので、その辺りが影響しているのかもしれないが、とにかく状況を改善しないことにはどうしようもない。

  • とりあえず、Google CheckoutからJunstsystemにメール→Justsystemからメールが来たようだが、何故かメールが文字化けして全く読めない(笑)。断片的に読める英単語とURLを見ると、どうやらGoogleに聞けと書いてあったらしい。
  • マーケットのキャッシュを削除→状況変わらず。
  • 端末の初期化を試みる→状況変わらず。
  • 端末のOS入れ直し→正常にダウンロードできるようになる。

というわけで、無事ATOKが使えるようになった。
ちなみに、自分の使っている端末はHTC Desire、root化、S-OFFでパーティション変更、CyanogenMod 7.1 (Android 2.3.4)使用という状態だったので、あまり普通の状態ではない。普通はOSの入れ替えなんて対策は無理なので、この解決策はかなり限定的な方法になる。もっとも、普通の端末じゃないからこういう状況に陥ったのかもしれないけれど…。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。