Entry

miniUSBとiPadの接続

miniUSBとiPadを接続しようとする話。

多数のガジェットを持っていると、PCと接続してデータ転送(または充電)するためのUSBケーブルが必須になってくる。
概ねminiUSBを用意しておけば何とかなるけれど、最近はmicroUSBも使われる。そんなわけで、PCの脇にはminiUSBケーブルを垂らしておいて、端にminiUSB(Bタイプ)→microUSB変換アダプタを転がしてある。
ところが、たまに一般的な規格ではなく特殊ケーブルを必要とするデバイスがある。っていうか、iPhoneとかiPadの事なんですが。こいつをPCと接続しようとすると、iPad用の変換アダプタが必要になる。
ケーブルが2つになるのは美しくなくて気にくわないので、miniUSB→iPad変換アダプタという物が欲しかったのだけど、どう探しても見つからない。通常のUSB→iPad変換アダプタはごまんとあるのに…。
miniUSB→iPad変換の方法を模索したところ、以下の方法を思いついた。

  1. PC
  2. USB – miniUSB(B)変換ケーブル
  3. miniUSB(B)メス – USB(A)メス変換アダプタ
  4. USB – iPad変換アダプタ
  5. iPad

接続部を写真で表すと以下のようになる。

うーん、やっておいて何だけど、ここまでムリしなくてもいいかなぁ…と。普通に市販のminiUSB→iPad変換アダプタがあれば一挙に解決なんだが。

なお、USB – miniUSB(B)変換ケーブルと、USB – iPad変換アダプタはどこにでも売ってる。問題は、miniUSB(B)メス – USB(A)メス変換アダプタ。要は、miniUSB端子を通常のUSBの端子に変換するもの。あまり需要が無いため一般的ではない。具体的には、以下の製品となる。

USBAB-M5BN

通販以外では、秋葉原のTWOTOP等で棚の脇に吊ってあるのを見かけたけど、そのぐらいしか見かけないマイナーな商品です。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。