Entry

アニメ新番組あれこれ 2009年10月 その1

けんぷファー

声優ネタやら女体化設定やら、第一印象は受けそうなネタを安易に乱発する酷いアニメ。そして、今でもその印象はさほど変わってない。
そういったネタもネタだけど、アニメの作りも何だかあまり気合いが入ってないというか、作画とか演出とか色々としょぼい。ハッキリ言ってしまうと、自分の中では駄アニメ。
今期初っ端のアニメがこれか…と想ってしまった。

にゃんこい!

あ、これは面白い。
割とありがちなラブコメ作品だけど、作りが丁寧でギャグ要素が作品によく映えてると思う。この勢いと快活さは、見ていてとても心地良い。こういうノリの良いドタバタギャグは割と好みだなぁ。主人公が不幸でありながらも前向きな性格なので、つい応援したくなるキャラである点も○。
今のところ、お気に入り度は今期の中で2番手。あと、OPも割と気に入ってしまった。

生徒会の一存

何だこりゃあ。オタク向けのネタを延々と展開するのは、見ていてなかなか辛いものが…。個人的にかなり苦手な部類の作品。いや、ネタは大体分かるんだけど。
これがライトノベル原作って、最近のライトノベルは色々とあるもんだなぁ…と思った。そして、そんな物がアニメ化されるご時世になったという事に対して、色々と悩ましいものを感じてしまう今日この頃。
ドラゴンマガジンって、今はこんな作品を掲載してるのかー。

とある科学の超電磁砲

今期の第一印象はこれが一番良かった。第1話は、キャラクターの顔見せ及びキャラ立て、設定や背景の説明、完結したストーリーなど、無理なく手堅くまとまっていたし、作画良し演出良しで映像に見応えがあったし、非常に面白かった。アニメ作品の第1話としては、文句の付けようがないぐらい良くできていて、他の作品も是非お手本にして欲しいぐらい…と言うと言い過ぎかな。でも、そう思うぐらいには丁寧な作りだったと思う。
序盤は伏線を散りばめて、徐々にストーリーが展開していく構成のようなので、今後の展開が楽しみ。

余談だけど、この作品で一番面白いのは黒子のキャラだと思う。っていうかあのキャラは声がとても面白いなぁ。あの声は何かこう、クセになる。
個人的に、あの声の人がとても気に入っている。一番好きな声優を問われれば、間違いなく新井里美さんと答えるぐらいに。友人は「お坊ちゃま君みたいな声」と評していたけど、言われてみれば確かにそんな気もする(笑)。一部では「おばちゃん」などと言われていたり。酷い言われようだけど、声だけで面白いってのはなかなか貴重な存在だと思うなぁ。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。