Entry

サマーウォーズ

映画「サマーウォーズ」公式サイト

8月1日に公開されたアニメ映画「サマーウォーズ」を見てきた。「時をかける少女」は結構楽しかっただけに、それと同じ細田監督という事でそれなりに期待していた作品。
今回は何と、最寄りの映画館の府中で上映してくれたので有り難い。「時かけ」の時は新宿まで出張ったからなぁ…。

全体を通して見た感想は、話の流れが分かりやすく、盛り上がり所や見せ場も盛り沢山で、結構楽しかった。ストーリー自体は結構壮大な展開になっているけれど、合間合間に入ってくるキャラクターのコメディや、OZの表現する世界観があまりそれを感じさせないため、どっちかと言えば肩の力を抜いて楽しめる作品に仕上がっていた。

ただ、個人的にはちょっと気になる点が多かったかなぁ。
一番気になったのは、この作品がテーマとする「家族」と、物語の主軸になっているOZの世界との間に、あまり深い関連性が見出せなかった事。つまり、OZの世界で起こった問題に対して、陣内家が総出で立ち向かうための動機やきっかけが弱い。特定の登場人物以外は特にOZの世界を深く関わっている様子が無かったので、突然家族全員のアバターを登場させても…というのもある。
戦ってばかりいたラブマシーンが唐突に花札で戦うのもちょっと面食らってしまったなぁ。
あと理系人間としては、暗号を解く描写や電子世界の表現が魔法めいてファンタジックに描かれていたので違和感が(笑)。

しかし、終盤の勢いは結構凄かった。そういった色々と気になる点を押し切ってしまうぐらいの勢いがある。終盤の展開は色々と唐突さこそあったものの、盛り上がり所としては非常に良くできていたと思う。

今回の作品は、「時かけ」に比べて対象年齢が若干低めに設定されているように感じた。まぁ、元々子供向けアニメ作品を多数手がけてきた監督である事を考えれば、これが作り手としての持ち味なのかな…と。
余談だけど、何でキャラクターの声に全然声優使わないんだろうなぁ。棒読みな声が多くてどうにも…。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。