Entry

アニメ最終回あれこれ 2009年3月 その5

絶対可憐チルドレン

日曜朝に放送するのが適切だったのかどうかはさておき、個人的には結構楽しめた作品。ギャグのノリとか、派手なアクションとか、アニメとして割と正統派な感じがする。…まぁ、何が正当なのかどうかはさておき、エンタテインメントを意識した作りは結構良かったと思う。
ちょっとオタネタの色が濃かったのは、ちょっとどうかと思ったけれど…。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン

結局2クール分見てたけど、何となく惰性で見てただけで、特にこれと言って印象に残ってない。
終盤はトランザムが投げ売りされたり、初代ガンダム的フォルムの機体が出てきて爆笑してたり、超人的なキャラクターばっかりで何だかロボアニメというよりもサイキック物を見ているような気分になったなぁ…と。
まー、さすがにサンライズの主力作品だけあってロボ戦の迫力は凄かったと思うけれど。

ただ、話はそれほど面白くなかったような…。ガンダムにあんまり愛着無いので、感想はそんな感じです。

ゴルゴ13

1年間ぼんやり見てたけど、ゴルゴさんすげー、という感想がまず出てくる。あまりに凄くて半分ギャグアニメとして見てしまった(笑)。
原作読んだ事無いのだけど、思ってた以上にゴルゴは人情深いキャラなんだなー、という印象。もっと冷徹なキャラクターだと思ってたんだけど。

RIDEBACK

うーん…最初に見た時はロボレースアニメと期待してたんだけど、学生運動アニメだった。まさかこんなアニメで凄惨なキャラ死にを見せられるとは…。普通に、このロボットを使ったレース物だったら面白そうだったのに。
でも、ロボの動きが良かったなぁ。腕でバランスを取りながらのコーナリングとか、ロボ同士の格闘戦でアクロバティックな動きをするシーンとか、見ていて面白い動きが多かったな、という印象。それだけに、惜しい作品だった。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。