Entry

天元突破 グレンラガン 螺巌篇

最近家にいても無気力な状態が続いて、間が空いてしまった…。
会社が連休に入ったので、そんな気分を吹っ切るために現在劇場公開中の「天元突破グレンラガン 螺巌篇」を見てきた。今日は5月1日の映画の日という事で、1000円で入れるしね。

近場では上映されていないので、吉祥寺バウスシアターまで。初めて行ったこの劇場、スクリーンがかなり小さくて少々ガッカリ…。
ちなみに、この日は平日だというのに満席。映画の日+連休突入が多かったという事かな。

映画の「紅蓮篇」を見てないし、TV放送以来久々に見る「グレンラガン」なので、色々設定とか忘れてないだろうかと不安だったけど、見ているうちに色々思い出してきたので安心した。
内容は総集編という事だけど、かなり大幅にカットが追加されており、結構新鮮な気分で見る事ができたかな、と。

一番良かったのは、はやりラストのアンチ=スパイラル戦。TVシリーズのラストも最近のアニメの中でも飛び抜けて相当気合いの入った最終回だと思ったけれど、劇場版はそれに輪をかけて凄まじい。あまりに気合いが入りすぎてスクリーンの中で何やってんのかさっぱり分からん場面が多かったのは玉にきずだけど(笑)。あと、この最終決戦はTVシリーズからかなり改変が加えられて尺が長くなっているので、上映時間の終盤1/4ぐらいずっと戦ってたような気がする。
このアニメ、とにかく「デカい方が強い」という基本法則があるので、パワーアップする度にロボが巨大化し、最終的に凄まじくデカくなるのは笑ってしまう(笑)。劇場版ではTVシリーズよりもさらにデカくなります(笑)。
しかし、その戦闘シーンは全体に渡ってとにかく熱かった。いやー、これだけの物を劇場で見れたのは本当に良かったなー、と思う。

内容の改変は最終決戦以外も結構多く、あのキャラが死ななかったり、あのキャラの死に様が全然違っていたり、新エピソードが追加されていたり、台詞がかなり改変されていたり、とにかく色々。
そのおかげか、1クール分の話を劇場の尺に収めたにしては、結構無理なく話が展開されていたように思う。(もちろん、TVシリーズ見ていた事前提ではあるけれど)。

そんなこんなで久々に映画を見たけれど、本作は結構楽しめた作品だったと思います。映画館を見たときに「いいものを見た!」と思えた映画は久しぶりだなぁ。

そういえば、今年は色々アニメ映画があるのでどれを見ようか思案中。

たぶん見る。

たぶん見ない。

あと2010年に「機動戦士ガンダム00」の劇場があるけれど、これも別にいいかな…と。あと何か劇場アニメあったっけか。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。