Entry

もうSSD買った方がいいのかも

本田雅一の週刊モバイル通信

つまり、256TB以上の書き込みを行なうと、徐々に容量が減り始める可能性が出てくるということになる(これは保証値なので、実際にはもっと劣化は緩やかだと考えられる)。もし、毎日10GBの書き込みを手持ちのPCで行なった場合で70年、50GBの書き込みを行なったとしても14年も使える計算になる。現在のSSDコントローラは、セル書き換えの均一化技術がすべてに導入されているため、1つのセルが集中的に使われることはない。

 43nmプロセスのMLC NANDフラッシュが値を保持できる期間についても尋ねたが「40℃の高温下で、多数の書き換えを行なって劣化したセルでも5年以上。書き換え回数が少ないフレッシュなセルなら数十年、おそらく100年以上ではないか。劣化したセルでも常温なら10年以上は確実に値を失わない。5年以上の値保持を確実に保証することを前提に開発している」(西川氏)と、問題ないことを強調する。

それだけあれば、パーソナル用のストレージとしては十分な性能じゃないか?価格が高い事を除けば、HDDの代替としては十分魅力的な製品と言える。
もし次にPCを買うとしたら、SSD搭載にしてしまおうか…いつになるのかは知らないけれど。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。