Entry

ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜 第7話 「常春の館」

20090223_druaga.jpg

何か久々に感想が書きたくなったので、ちょっとだけ。

放送中の「ドルアーガの塔」の第7話を見たのだけど、これが非常に面白かった。新たなエリアに辿り着いたジル達が、館の前で死んだはずのアーメイやカリーに出会うという話。2期になってからずいぶん真面目なストーリーが展開してるなぁ。しかも今回は泣ける話だった。

ドルアーガを倒したアーメイの槍の件とか、色々懐かしいエピソードが語られていて、今回ほど1期を見てて良かったと思えた話はない。あと、アーメイの手信号のエピソードと対比させた別れ際のやりとりなど、あのボンクラパーティーの成長が垣間見える点も良い。

それから意外なところで、ただのギャグキャラだと思っていたウラーゴンから人間味のある性格や、弱さが垣間見えた点も面白い。何だかちょっと気になるキャラになってしまった。
副団長もいなくなって、騎士団がウラーゴン一人になってしまったけれど、その辺どうするんだろう。

今回の話は、この作品のキャラ立ちの良さが非常に強く感じられるエピソードだったと思う。やっぱこのアニメ面白いわー。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。