Entry

アニメ最終回あれこれ 2008年12月 その1

新アニメも始まったので久々に。

のだめカンタービレ 巴里編

20090104_nodame.jpg

何だか普通に1エピソードが終わっただけ、という感じの最終回。
全体的に話の盛り上がりが少なく、淡々としていたという印象。ちょっと展開が早いのかなぁ。のだめのリサイタルとか、千秋のマルレオケの指揮とか、もうちょっと長くやっても良かったような気もする。
1期は割と好きだったけど、今回は主役達の目標が終盤までハッキリしなかったので、方向性が見えず、達成感が無くてどうにも印象が薄い。イマイチ。

夜桜四重奏

20090104_yozakura.jpg

まーもりたい もーのなーらー ここーにあーるーよー♪
ってな感じのOPは好きだったんだけど、それぐらいかなぁ。
バトル物っぽいけど、主役の男がうじうじやってるせいで爽快感もなく、ちょっと戦っては逃げられての繰り返しで、さしたる盛り上がりもない。また、妖怪と人間の共存をテーマとした物語が描けているかと言われると、第1話が一番それっぽかったぐらい。全体的に中途半端だと思いました。

ツンツンデレツン デレツンツン♪

あかね色に染まる坂

20090104_akane.jpg

あかね色に染まるって鮮血に染まるという意味ではなかったのか。
エロゲ原作アニメは往々にして残念な出来の作品になるけれど、これもその例に漏れず…といった感じでした。
途中の船上イベントのエピソードは何というか…少なくともプロが作る脚本のレベルではないな…と。最初の最後を2話ずつぐらい見れば十分だと思います。結局最後は妹ENDという辺りが、いかにもエロゲっぽい感じ。
しかし個人的には、こういうダメさ加減をむしろ面白がっていたりする。

テレパシー少女 蘭

20090104_ran.jpg

今回終わった作品の中では、これが一番残念な脚本だったと思います。
っていうか、テレパシー少女が怪奇事件を解決する超能力ミステリー的な作品だと思ってたのに、いつの間にか環境問題にすり替わってるんですが(笑)。エピソードも毎回似たような導入だったり、色々と拙いストーリー展開だった印象。
いやまぁ、多分位置付けとしては子供向け作品になると思うので、凝った話にする必要は無いような気もするけど、もうちょっとこう…。

個人的には、翠が尻を掻きながらスルメ食ってる時が一番面白かったような気もする。

のらみみ2

20090104_noramimi.jpg

ほのぼのまったり社会派アニメ…で合ってるだろうか。
今回もキャラクター達の悲喜交々が描かれていて面白かった。「行楽パーマネント」(離婚した父親と娘の話)と「まんぷくゆきごはん」(雪だるまキャラの話)が何となく印象に残ってる。何か色々切なくて。
最終回は、ちょっといい話。いつものナレーションが最終回のキャラたまじゃくそんの声を充てているのは、全てのエピソードがこのキャラによって綴られているのではないか、という印象を与えていてちょっと面白かった。
ところで、キャラってどうやって生まれるんだろ。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。