Entry

Windows 7は軽さ重視?

最近はニュース記事に触れる時間が少なくて、どうにも世情に疎くなっていけない。

マイクロソフト、Windows 7の概要を公開 ・ ネットブックでも動きます – Engadget Japanese

Vistaの次のOSとなるWindows 7では、比較的低スペックなPCでも快適に動くよう設計されているようで。

つい最近までは、Microsoftから「低スペックでも動く」なんてアピールを聞いた事はほとんど無かった。これは、PCメーカー次々に発売される高スペックPCを牽引する役割もある手前、そんなアピールをする以前にそんなOSを設計する事すら許されなかったという事もあるだろうし、何よりもMicrosoftにとって、新しいOSを売るときのセールスポイントとして、重たくても派手な機能が必要になるためだ。これはまぁ、物を売る側としてそういう判断になってしまう事は分かる。

ここに来てそんな事をアピールするようになったのは、やはりEeePCの世界的なバカ売れっぷりを起点とした「ネットブック」なる軽量PCの影響が大きかったのだろう。ネットブックは小型で低価格であることと引き替えに、スペックがやや低くなってしまう。Vistaの重さが煩わしくなるほどに。
Microsoftにこの大胆な方針転換を迫ったネットブックの存在感の大きさを、改めて感じてしまった。

個人的に、この方針には歓迎。自分は基本的にゴテゴテした機能は全く使わない人で、軽快に動くOSの存在を求めていたので、この方針は自分の求める方向性と一致している。いやー、まさかこんな結果を生むとは思ってなかったので、ネットブック様々ですわ。

自分もWindows XPをかれこれ6年ほど使っているけれど、さすがにXPのサポートが切れたら使い続ける気も無いので、次の乗り換え先はWindows 7という事になりそうだ。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。