Entry

アニメ新番組あれこれ 2008年10月 その1

風邪引いたっぽい…。

夜桜四重奏

妖怪が済む町の、ご町内ヒーロー物語とかそんな捉え方でいいんでしょうか。
一見すると「我が家のお稲荷さま。」みたいなノリにも思えたけど、もう少し暗めな感じ。ただ、その雰囲気は嫌いじゃないです。今のところ作品の方向性がハッキリ掴めてないけど、ちょっと気になる作品。

CLANNAD AFTER STORY

2期。
この作品については、ギャグとシリアスのギャップが今ひとつ好きになれないでいる。ギャグやりたいならギャグ作品で、シリアスやりたいならシリアス作品で通してほしいな…と想ってしまう。
あと、個人的にギャグのノリがあまり受けないので、どうにもこの作品に対する評価が低くなってしまう。

テイルズ オブ ジ アビス

テイルズシリーズのアニメ化というと、完全にファンに向けたような、初見組には理解不能のパッとしない作品ばかりという印象が強い。この作品もその前例に倣ったような印象。ただ、ストーリーはきちんと展開されているので、それほど悪くはない…かな?

北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王

馬と戦ったり人間大砲やったり、ギャグアニメとしては申し分ない…のか?いや、真面目な作品を作りたいという事は分かるのだけど、演出や話の内容が可笑しくて(笑)。
ちなみに、北斗の拳はまだまともに見た事ない。

天体戦士サンレッド

ああ、この安作りのショートギャグアニメいいねぇ(笑)。tvkとニコニコ動画でしか流れていないというある意味レアなアニメ作品ではあるけど、ギャグのノリはかなり好きです。
個人的には、ヴァンプ将軍の腰の低さがとても好感触。番組の最後に料理のレシピが入るとか、ヘンなノリもいいなぁ。

あかね色に染まる坂

エロゲ原作アニメと一目で分かるほどにエロゲ原作っぽい作品だなぁ…と。
ただ、声優が総取っ替えされているようで、何かどこかで聞いた声ばかり。その辺を売りにして作品を特徴付けるしかない、という判断だろうか。個人的にはその手法はあまり好きではないけど、商売上仕方ないのかなぁ。
内容自体は、まぁ特別際立ったような物でもないラブコメ作品かな…と。ちなみに、作品自体は嫌いではないです。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。