Entry

PT1 登場

スラッシュドット・ジャパン | アースソフト、「視聴はできない」地デジ/BSデジキャプチャボードを発売予定
あらゆるデジタル放送を最大4チャンネル同時受信できるパソコン向けチューナー「PT1」が登場 – GIGAZINE

HDアナログキャプチャボードの「PV3」や「PV4」を販売した事で有名なアースソフトが、今度はデジタルチューナー搭載(地上デジタル放送×2、BSデジタル放送または110度デジタルCS放送×2の同時受信可能)のボード販売を予定しているとの事。

しかしこのチューナーボード、凄いヘンテコ仕様。何せデジタル放送信号を復調してデジタルデータに変換する事しかしない。つまり、その場で(暗号化された状態の)映像データは出来上がるけど、単体ではその映像を見ることはできない。
この映像を見るためには別途B-CASカードと、そのリーダーと、暗号化された映像を複合する何らかの手段を用意する必要がある。つまり、それらの手段を上手く使える人にしか使えないという、正にキワモノと呼ぶに相応しい代物。

まぁこれなら、B-CASやら何やらから文句を言われる事は無いと思うし、面白い商品だと思うけど、この思い切りはいくら何でも割り切りすぎというか何というか(笑)。
地上波チューナーとBS/CSチューナーがそれぞれ2個ずつついてるので、同時録画とかしたい人には便利かもしれない。

ただ、個人的にこれは不要かなぁ。自分もPCにアナログチューナーボードを取り付けているけど、付けている理由はTVを録画するためでも何でもなく、「実況に便利だから」という至って特殊な目的でして。
実況というのは、TV見ながら掲示板サイトに書き込む行為の事。TV見ながらやると視点移動が大きくなってやりにくいので、デスクトップ上にTV画面と掲示板を同時に表示させるようにしている。
そのためのチューナーボードであり、録画機能なんてほとんど使った事ない。そのため、自分としてはこの録画に特化した製品は全く不要な製品となる。
まぁ、製品としては興味あるけどね。

ところで、この製品はチューナーとデータ保存程度の機能しか無く、そもそも映像を映し出す事ができないので、「キャプチャボード」と呼ぶのは不適切のような気がします。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。