Entry

アニメ新番組あれこれ 2008年7月 その1

前期の最終回見終わってないのがいくつかあるので、先に新番組。
何でこういう番組改編期に仕事がドバッと来ますか。アニメぐらいゆっくり見させてください。アニメを見ないと仕事のやる気が出ません。

テレパシー少女 蘭

20080709_ran.jpg

NHKの新アニメ。枠が枠だけに「電脳コイル」みたいな感じを期待してたけど、思ったよりも普通のアニメでした。何が普通かと言われると困るけど、とりあえず難解な設定とか珍奇な演出とかが無くて、オーソドックスな感じがするなぁ、と。
まぁNHKのアニメは、こういうあまり捻らず見やすい作品という方向でいいと思います。
個人的に、元気ッ娘な主人公という設定は好きなので、割と楽しみにしていたり。

セキレイ

20080709_sekirei.jpg

事前特番で言われていたように、胸やら下着やらのカットが多い作品。まぁ、毎クール2,3本はある駄エロアニメかなぁ、という印象。
色々微妙すぎるので作品自体にはあまり期待してないけど、息抜きには良いかも。それにしても、OPとか、帝都とか言ってるのを聞いてると、サクラ対戦でもやりたいのだろうかこの作品は、と思ってしまう。
ところで、需要を満たすためだけに取って付けたようなロリッ子は逆に要らないと思うのは私だけですか。

スレイヤーズREVOLUTION

20080709_slayers.jpg

おー、スレイヤーズだスレイヤーズだ。
「スレイヤーズ」のアニメをやってたのは自分が中学校の頃だったはず。当時、今で言うライトノベルにカテゴライズされる小説を読みまくってたので、スレイヤーズも当然読んでいたけど、アニメは結局1作品もまともに見なかった。当時はあんまりアニメに興味が無くて、確か最初の1話だけ見て、以降は全く見なかったような。確か、「コミックドラゴン」に連載してた漫画も読んだはずなんだけどなぁ。
そんなわけで、自分でも愛着があるのか無いのかよく分からん作品。
それにしても…、何かこう、古めかしいというか何というか。一昔前のファンタジー作品という印象を抱いてしまうのは、作り手の意図した物だろう。しかし、色彩をデジタル彩色初期の頃のようなぎらついた感じにしなくても…と思ってしまう。そういえば、最近は落ち着いた色彩のアニメ作品が多いなぁ。
「スレイヤーズ」自体は、現在も盛んなのラノベ→アニメ化のメディア展開の原点とも言える、一時代を築いた作品である事は間違いないけど、今回の作品がどれほど今の視聴者に受け入れられるのか、という点は気になる。作風がいかにも往年ファンを狙った感じだけに、それだけで終わってしまうのではなかろうか、と思ってしまう。
まぁ何はともあれ、アニメ自体はそれなりに楽しみにしています。

魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~

20080709_mahou.jpg

うお、何だこの実写背景は。手抜きと言うのか何というのか…。まぁ表現の手法としてはアリだと思うけど、もう少しキャラが背景から浮いてない方がいいかな、と。
テレビ朝日で放送された前作「魔法遣いに大切なこと」も見ていた。1話目で魔法でお金を出したり、東京タワーを曲げたり、月まで飛んだり、なかなかに突飛な脚本…世間一般で言う所の超脚本っぷりが炸裂していた作品で、今考えてもネタにしかならない作品だけど、何故か未だに色々覚えている。心をこめて…。
今回は、前作からキャラクターもキャラクターデザインも一新して、全く別の作品のよう。コロコロと明るいソラのキャラクターは割と好きかも。声は守凪リョーコの人ね。
個人的に、綺麗な話よりも前作のような超脚本っぷりを期待してしまっているのは、自分の性格が悪いから。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。