Entry

アニメ最終回あれこれ 2008年6月 その2

図書館戦争

図書館戦争

うーん…、何というか、ちょっと滑ってる感じが強くてあまり楽しめなかった。
設定上の無理矢理さはファンタジーと割り切ってしまえばいいのだけど、戦争やってる割には面と向かって話し合ってたり、戦闘中に堂々と敵側に呼びかけたり、死線を描いているはずのシーンがまるで茶番劇のようで、まるで戦争やってる感じが全く伝わってこない、というのがどうにも受け入れられなかったです。
コロコロ表情を変える朗らか主人公は良かったけど、まぁ良かったのはそれぐらい。

xxxHOLiC◆継

xxxHOLiC◆継

1期が結構好きだったけど、2期も割と良かった。
しかし、2期は序盤から四月一日の片目が抜かれたり、終盤は大惨事に遭ったり、妙にシリアスでエグい話が目立ったような気がする。もっとこう、深刻な事件の後、何だかんだで四月一日と百目鬼とひまわりがいちゃついて大団円、というお決まりのパターンの繰り返しで良かったかな、と。
今回一番印象的だったのは、小羽の一連のエピソード。ドロドロした親子関係や社会の中から、何とかして小羽を救おうとする四月一日とか、小羽の強さとか、色々と良かったです。あと、何だかんだ言って、互いに支え合っている四月一日と百目鬼の関係とかいいなぁ。

最終話はいつものTBS方式で、後日談でもない外伝エピソード。たぶん、放送休止が挟まった時に備えてのマージン枠なんだろう。

MAJOR 第4シリーズ

MAJOR 第4シリーズ

第4シリーズも無事終了。今回はどういう形で終わらせるのかと思ったら、ギブソンJrとの対決という形で終わり。
うーん、米国編に入ってしまったから仕方ないのかもしれないけど、日本の清水やら寿やらの話がサブエピソードみたいに合間に挿入されるだけで、本編に全く関わってこなかったのが残念。既存のキャラを切り捨ててしまったような感じで、今回のシリーズはイマイチ。まぁ、第5シリーズもどうせ見るけど。

ところで、リトル→中学→高校→マイナーリーグと来たら次はメジャーリーグになるんだろうけど、主人公に完全にスルーされてるプロ野球があまりにも可哀想だ(笑)。

PERSONA -trinity soul-

PERSONA -trinity soul-

もうちょっとこう、ペルソナ同士の激しい戦闘を期待してたのだけど、どっちかといえばサスペンス物みたいな感じでちょっと肩すかし。ペルソナと、過去の事件を巡る謎が徐々に明かされている過程はそこそこ面白かったと思うけど。
ただまぁ、実は後半はあんまり真面目に見てなかったので、イマイチストーリーが良く分かってないです。沢城みゆきさんの男の子の声と女の子の声の演じ分けの妙が強く印象に残ったぐらいで。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。