Entry

アニメ最終回あれこれ 2008年6月 その1

20080626_kurenai.jpg

色々言いたいことはあるけれど、何はともあれ紫が可愛かったです。…こう書くと自分がまるでロリコンみたいだな。いやでも、ほら、紫の仕草とか話し方とか、色々良かったじゃないですか。ねぇ?…ああ、もう、自分の負けです、ロリでいいです。生きてて本当にすいません。

でも真面目な話、紫をただひたすらに可愛く描こうとする作り手の姿勢は強烈に伝わってくるアニメでした。制作スタッフにはきっと真性な人がいるに違いない。ただ、銭湯はちとやりすぎだ。

ただその代わり、何だか九鳳院家の部分が、最後に集約されすぎてちょっとあっさりしてる感じかなぁ…と思った。また、角とか異形な物を描く割には、話の内容がただのお家騒動で終わっている点が少々肩すかし。あと、真九郎が肝心なところでちっとも角を出さないのは、脚本の都合に合わせすぎで不自然。残念に感じたその辺。このアニメ作品の真髄はやっぱり日常風景だったのかな、と。

あと、このアニメも「RED GARDEN」同様に声優の演技力が光っていると感じる。真九郎の達観したような無気力な演技もさることながら、紫の微妙に舌足らずな声が役と非常によくマッチしていて驚いた。スタッフにとてつもなくキャスティングや演技指導の上手い人がいるんだろうなー、と。

ただこの作品、かなり原作を無視しているそうで原作既読者には相当に評判が悪い。アニメしか見てない自分にとっては、今期の中でもかなり楽しめた作品だったんだけど…。
あと、何故かOP/EDのCDを両方買ってしまった。

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~

20080626_druaga.jpg

1話のトンデモ話を見せられた時は一体どうしようかと思ったけど、全体を通して見ると結構な良作。
いやまぁ、1話は1話で表裏の同時展開という面白い試みだったとは思うのだけど。裏1話はGyaOで見たけど、上手いことタイムテーブルを同期させて話を展開している点は、作品の工夫としては悪くない。こういう他に類を見ない試みは個人的に歓迎。

話の内容としては、最終回であんまり話が完結していない点がちょっと残念。3つの裏切り(ニーバの裏切り、カーヤの裏切り、誰も死なせないという誓いの裏切り…かな?)だけ消化した感じで。
また、1クールの割にちょっとギャグ話やどうでもいい話(クーパメインの話)に尺を割きすぎて、登頂者たちの成長がイマイチ実感できず、ドラゴンやドルアーガ(もどき)を倒した時に、「主人公たちの強さ」よりも「敵の弱さ」を感じてしまった点は残念。冒険の過程で成長した結果として、強敵を倒すというオーソドックスな描写をもっと丁寧に描いてほしかった。まぁ、個々のキャラクターは元々の能力が非常に高いという事ではあったのだろうけど(そういう描写は多かったし)、それだけに一番最初にジルがあっさりやられてしまった理由付けが欲しかった。

ただ、戦闘の描写は非常に良かった。盾であらゆる攻撃を防ぐジルを前衛として、その陰からカーヤが切り込み、後衛からメルト&クーパの魔法攻撃と、カーヤのサポートが入る、という感じで、各キャラクターの特性が非常に良く表れていて、パーティーの連携によって相手を打ち倒しているという実感があり、見ていて熱い。また、攻撃や防御のアクション、魔法のエフェクトといった戦闘描写が丁寧で、爽快感があった。最終戦闘における、ジルがドルアーガ(もどき)に刺さっていたアーメイの槍を携えて、相手を倒す展開は滅茶苦茶熱くて好きだったなぁ。とにかくこの作品は、個々の戦闘描写が非常に良かったです。
あと個人的に、メルトが魔法を撃つモーションがゴルフのスイング(&クーパがキャディ)という点が非常に好きだった(笑)。ボンボン=金持ち=ゴルフ趣味という事なんだろうけど、キャラの特徴を表す描写としては面白いと思う。

近年はこうしたファンタジー路線がイマイチ下火な感じだけど、この作品は個人的に久々のヒットで、結構ツボに入ってしまった。2期は2009年だそうだけど、今から結構楽しみです。ただし、それまでGONZOがちゃんと生きていればいいのだけど…何か凄い赤字抱えてるみたいだし。
あとは、OP/EDが割と好きでした。盾なんかもうーいらなーい♪

ちなみに、最終回はtvkの放送と同時にGyaOの方で放送と同時に特番の生放送をやっていた(tvkの放送時に番組同時配信及び、スタッフのトーク)。GyaOのチャット機能(?)を使った公式実況とかあったりして、制作側がこういう企画を催すのは意外な試みだな、と思った。(その際のスクリーンショット

仮面のメイドガイ

20080626_maidguy.jpg

えー、結局遺産相続云々の話はどうなったの?どうでもいいの?これはつまり、DVD売れれば2期やるよ、という話でしょうか。いやまぁ、そもそも日数のカウントダウンがどう見ても1クールで終わるペースじゃなかったから、どうせ終わらないのだろうと思ってはいたから、あまり気にならないのだけど。

tvkでは放送開始前からやたらとCM打っていた点や、キャストや主題歌等、視聴者層のウケを明確に狙いにいった様子があり、周到に売れ筋を狙った作品、という印象が残る。自分としては、それは別に全く問題ないと考える。むしろ無計画に、誰に見せるのか良く分からないアニメ作る方が問題だわ。…いやまぁ、自分はそういう作品も好きですが(笑)。むしろそういう作品から光る部分を見出すのが面白いというか。
ただ、実際この作品が売れているのかどうかは知らないなぁ。

内容はお色気路線一辺倒という感じで特に悩むことはなく、気軽に見る分には悪くなかったです。ただ、これといって印象的な部分が無いなぁ。あえて言えば、コガラシを演じる小山さんの熱演が凄いな…と(笑)。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。