Entry

Firefox 3.0

次世代ブラウザ Firefox – 高速・安全・自由にカスタマイズ

WebブラウザのFirefoxの最新メジャーバージョンとなる3.0がリリース。
関係者の方々が頑張って盛り上げていたようで、ニュースサイトやら何やらで結構取り上げられていたため、ここ数日はWeb上でこの話題をよく目にしていた。ちょっと派手に騒ぎすぎかなぁ、と思わないでもなかったけど、より多くの人に認知させる手段としては間違ってないと思う。
しかし、どうにも釈然としない点が一つ。

Firefox 3のダウンロード数、日本は世界で3番目 - @IT

なんで日本そんな多いの。日本のFirefoxシェア率は相当低かったと記憶しているのだけど…。人口比で計算しても、ちょっと割に合ってないような。まぁ別にいいのだけど。

そういえば、昨日はたまたま中央線に乗っていたので、例の車内ディスプレイに流れるFirefoxのCMも見てしまった(笑)(参考:Mozilla Japan ブログ – Get Firefox ビデオアワードグランプリ受賞のユニットが Firefox 3 の 15 秒CM に挑戦!)。何でも、山手線、中央線、京浜東北線の3線で流れていたそうで。どうやらあのディスプレイ広告は15~20分ぐらいで1ループするようなので、国分寺から東京まで乗ると大体3回ぐらい見られます。
ちなみに、この辺を参考にすると、このCM流すだけで3線合計300万円だそうな。個人的には、思ったよりも安いな、という印象。1線流すだけでそれぐらい行くのかと思ってた。
余談だけど、電車内乗ってるとあの液晶CMはついつい目が行ってしまう。車内ではどうにも手持ち無沙汰になりやすいので、ぼんやり眺めるには恰好の代物なんだよねぇ。あの液晶は結構広告効果が高いと思うのだけど、実際のところどうなんだろ。

んで、実際Firefoxの新バージョンを使ってみた感想としては、使い勝手はFirefox2とそんなに変わらないよね、と(笑)。Firefoxをメインで使用しているわけではないのでバージョン2と比べての差はよく分からんです。ただし、ページが表示される速さに関しては、IEには無い快適さがある事だけは十分実感できる。
個人的に、拡張で機能を追加してくというFirefoxのコンセプトに関しては、ソフトのインターフェースに一貫性が失われてしまい、使い勝手がよくないという印象があるので、残念ながら(Windows上において)Firefoxをメインで使おうという気にならないなぁ。Sleipnirぐらいカスタマイズ性に優れたGecko使用のブラウザがあれば良いのだけど。(SleipnirのGeckoエンジン使用時は機能が色々制限されるのでイマイチ)。

ちなみに自分はFirefoxを通常のインストール版ではなく、Firefox Portable Editionという、USBメモリに入れて使用可能な物を使用中。
Localization | PortableApps.com – Portable software for USB drivesより日本語版をダウンロードするか、日本語xpiを探してダウンロードするかすれば、日本語化可能。使い勝手は通常の物と変わらないけど、プラグインのインストールが少々面倒な点が玉にきず。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。