Entry

Blu-rayを買うべきかどうか

最近になって事実上の次世代メディアがBlu-rayに一本化されたために、徐々にDVD版と平行してBlu-ray版を発売する作品も増えてきた。
最近、「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」が面白すぎるので映像ディスク購入を検討しているのだけど、売れ筋作品だけあってこの作品もBlu-ray版の発売が予定されている。
問題は、Blu-ray版に手を出すかどうか。残念ながら自分は現在、Blu-rayプレイヤーを持ち合わせていない。ただ、DVDは映像が放映版よりも粗く、どうせ購入するならやはりBlu-ray版を購入したいところ。しかし、自分の環境にいつBlu-rayが導入されるのかは未定。プレイヤー単体で購入する気も無ければ、PS3を購入する気もない。できれば、PCのドライブまたはDVDレコーダとして使用したい。ただ、今のところあんまり購入意欲をそそられる製品がないなぁ。
さて、どうしたものか。

ちなみに、Blu-rayの将来性についてはあまり心配してない。
自分を含めて「放送よりも悪い画質を何故金を出して買わなくてはいけないのか」と考える層が少なからず存在するため、何だかんだ言ってくBlu-rayはそれなりに普及すると考えられる。今のところ高画質な映像を提供する現実的な手段はBlu-rayしかないし、媒体の形状がDVDと一緒で機器にも上位互換があり、使用手順も変わらないため、移行する上での支障は無いわけだしね。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。