Entry

アニメ最終回あれこれ 2008年3月 その6

BUS GAMER

ちゅっちゅるっちゅー。

…えー、何だこのアニメ。3話構成という点も妙だけど、そもそも3話で何も解決していない辺りが酷い。
もうCD、コミック等の宣伝と割り切っているのかしら。中途半端に終わったの特に感想もない。こんなアニメもあったね、ぐらいで。

君が主で執事が俺で

うーん…安っぽい駄エロアニメだなぁ…という感じ。後味が「つよきす」と大体同じだ。
お馬鹿で安っぽい作品自体は別に否定はしないけど、必然性の見受けられないしょうもないパロディだけはどうにも受け入れがたいなぁ。あと、ギャグならギャグで最後まで貫いてください。最終回で突然シリアスとかいりません。
そんな感じで、個人的にはあまり好きになれない作品でした。

ハヤテのごとく!

ハヤテのごとく!キャラ萌え要素とギャグ要素が多くて、そこそこ面白かったです。
ただ、明らかにつまらないと感じる回や笑いながら見られる回など、エピソードごとの当たり外れに結構バラツキあったなー、という印象。原作エピソードとオリジナルエピソードの差かなぁ。まぁ、キャラクターを楽しむ作品と割り切ってしまえばそれなり。
ただ、やっぱり作品の方向性として日曜朝にやる内容では無いように思った。いや、確かに少年誌連載作品ではあるけれど…。2期は深夜だろうか、というか深夜行った方がいいと思います。

ちなみに、好きなキャラを一人選ぶとしたらサキさんを挙げるのですが、そう友人に言ったらマイナー扱いされました。えー、あのキャラが一番良かったんだけどなぁ…。世間的には人気無いのか。

みなみけ~おかわり~

2期に入って制作会社が変更。
まぁ正直、それほど好きではなかったかなぁ、と。元々1期のノリがイマイチ受けなかったという事もあるのだけど、それを差し引いても2期の方が何かテンポがイマイチというか何というか…なんだろ。上手く言えないけど、何かこう、見ていて退屈さを感じる。
まぁ、そんなこんなで個人的にはあまり好きにはなれませんでした。

獣神演武

獣神演武何か戦記っぽい作品かと思ったら、終盤はすっかり勧善懲悪ものになってしまって何かガッカリ。もう少しこう、思想と思想のぶつかり合いみたいな展開を期待してたら、敵方が明らかに「悪役」という感じの立場に追いやられてしまって、ちょっと安っぽい感じになってしまった。
最終回の戦闘シーンは迫力があって見応えがあったけど、まぁ印象に残った見所はそれぐらい。
全体的な内容はそつなくまとまっている感じだけど、如何せん無難すぎて印象に残りにくい。夕方の方が向いてるんじゃないかなあ、と。
時期的には恐らく、「鋼の錬金術師」のヒットを受けて、その恩恵にあやかろうと思って立ち上げた企画なんだろうとは思うのだけど、ちょっとパンチ力が足りない感じ。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。