Entry

アニメ新番組あれこれ 2008年4月 その3

消化が追いつかない。どうしよう。

イタズラなKiss

イタズラなKissセンスが微妙に古臭くて、何年前の作品だこれ…と思ってしまうような感じの作品。連載開始されたのは1990年だそうで、そりゃ古臭く感じてしまうわけだ。作品自体は作者が亡くなったために未完だそうで…。
しかし、でも何で今頃になってこの作品が深夜でアニメ化なんだろう?原作が1990年開始ということはもしかしたら、その頃に連載誌を購入して作品に憧れた年齢層の人が、会社に入って昔好きだった作品のアニメ化企画を立ち上げられる程度の地位に就ける時間がそれぐらい、という事なのかも。いや、勝手な妄想だけど。
内容は本当にべたべたなラブコメ物だなぁ…と。どう見ても、以前「ラブ★コン」放送してた枠とか、土日の朝枠とかに放送するのが妥当だと思います。この手の作品はどうして学年x番とか、そういうネタが多いのか。…なんというか、「S・A」と印象が被りすぎて困る。
深夜に見るアニメじゃないよなぁ…と思いつつもぼんやり視聴。でも、結構面白いと思い始めている今日この頃。

D.C.II S.S.

2期。ココとは何のわだかまりもも無く普通に会話してるのが何だかなぁと思わないでもないけど、無駄に暗くなるよりは良いような気もする。
あまりコレと言った特徴のないエロゲ原作アニメだなぁ…という印象なので、それほど期待していない。ただ、前回のロボみたいな突飛な設定もなく、割と正統派な感じの恋愛物として作られている様子なので、もしかしたら結構良い線いくかもしれない。期待は大してしてないけど。あと、絵柄がキレイで、妙に丁寧に作画されている点は褒めてもいい。
この作品に関しては、tvk、MX、BS11で見られる上に時間帯も丁度いい感じなので、異様に視聴しやすいのが悔しいところ。
ところで、ロボ子はどこ行ったんだっけ。

あまつき

あまつき福山潤さんの片目のおかしくなる主役その2。
戦乱の異世界モノ。「少年陰陽師」にちょっと似てるかな…と。今期はこんな感じの女性向け作品が多い感じ。
特にこれといって印象的な点が見あたらないので、あまり一生懸命に見ていません。今はまだ序盤で設定を披露してる段階のようで、物語にあまり動きが見られないので、ちと退屈気味。
これはぼちぼち見ていく感じで。

ブラスレイター

ブラスレイター久々にオヤジが主人公のアニメ…と思ったら、ゲルトは主人公ではないらしい。なんだ、残念。
3DCGを作品の売りとしているようだけど、ちょっとCGのデキが微妙だなぁ…、と。ちょっと動きが軽すぎるというのもあるけど、人体の動きが不自然。ただ、たまに「おっ」と思わせられるような戦闘シーンも見られるので、まだ発展途上という事なのかも。「モンキーターン」みたいに後半になってグングン演出と技術が向上してかなり面白くなった例もあることだし、ここは温かい目で見守る方向で。
話はミステリー風味で結構シリアスな感じ。序盤は、復讐に駆られたゲルトが悪役として確立されるまでの過程という感じかなぁ。今のところあまり目立ってない主人公がメインで出張ってくるのは中盤以降なのかも。
今期の中で割と期待作。

余談だけど、作中で色んなキャラがゲルトゲルトばっかり言ってるからゲルトの名前だけ覚えた(笑)。

仮面のメイドガイ

仮面のメイドガイまぁ、よくある感じのお色気ギャグアニメという印象。方向性がハッキリしてて、ターゲットの視聴者に求められている要素をそつなく纏めているように感じた。デキは結構良いんじゃないかと。
この手の作品は少々苦手なのだけど、コガラシのキャラが割と面白いのでそれなりに楽しめている。あと、EDが無駄に熱いのは良いなぁ(笑)。
そういえばこの作品、放送開始前に(tvkでは)やたらCMを打ってたけど、結構力入れた作品なんだろうか。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。