Entry

DOOM 3: Resurrection of Evil

id Software: DOOM 3: Resurrection of Evil
【4Gamer.net】アクション -「DOOM 3:Resurrection of Evil 」- レビュー

有名なFPSゲーム「DOOM3」の拡張パック、「DOOM 3: Resurrection of Evil」をプレイしてみた。
DOOM3自体は当然遊んだ事があるけど、全体的に暗くて暗澹とした雰囲気と、狭い通路を延々と進むマップと、単調な展開のおかげで、かなり気が滅入るような内容だった事は覚えている。
んで、改めてこの拡張パックを遊んでみたところ、それと全く同じ印象でした(笑)。いやー、本場の米国でもさんざん不評だったはずだから何かしら改善を加えてくるのかと思ってたら、全然変わってないでやんの。
追加武器として、落ちているオブジェクトや敵の遠距離弾を吸い寄せて打ち返すという武器が登場…って、それまんま「Half Life 2」のパクリじゃないか…。さらなる追加武器(能力)として、周囲の時間を遅くしてしまうというモノが…こちらは「F.E.A.R」のパクリですな。
改善を加えるでもなく、他のゲームの模倣をして、これを追加パックと呼ぶには少々残念なデキかなぁ、と思う。
個人的には、やるだけ時間の無駄だったように思った。ラスボス戦が面倒になってチートコード使ったのはこのゲームが初めてだ…。

ちなみに、何でわざわざこの拡張パックを購入したのかと言えば、ネットワークゲーム販売・配信サービス「Steam」上で、最近id super packなるパッケージが発売され、それを購入してきたときに付いてきたから。
このパッケージ、購入すると以下のタイトルがプレイ可能となる。

Commander Keen
DOOM 3
DOOM 3 Resurrection of Evil
DOOM II
Final DOOM
Heretic: Shadow of the Serpent Riders
HeXen
HeXen II
HeXen: Deathkings of the Dark Citadel
Master Levels for Doom II
QUAKE
QUAKE II
QUAKE II Mission Pack: Ground Zero
QUAKE II Mission Pack: The Reckoning
Quake III Arena
QUAKE III: Team Arena
QUAKE Mission Pack 1: Scourge of Armagon
QUAKE Mission Pack 2: Dissolution of Eternity
Return to Castle Wolfenstein
Spear of Destiny
Ultimate DOOM
Wolfenstein 3D

このうち大体のゲームはプレイしているのだけど、これだけ大量のゲームができて$69.95ってのは安いなぁ…と。手元に置いておきたかったという意味もあって、このパッケージを買ってみた、という次第。うっかり、初代「DOOM」(タイトルは「Ultimate DOOM」になってる)とか延々と遊んでしまった…。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。