Entry

アニメ最終回あれこれ 2008年3月 その4

逮捕しちゃうぞ フルスロットル

うーん、何というか、緩い脚本だなぁ…と。
ハッキリ言ってしまうと、馬鹿馬鹿しい三文芝居が延々と繰り返されているという印象。正直、何故にこの作品が3度もアニメ化されているのかよく分かりません。当然この作品が好きな人はいるのだろうけど、自分にはどうにも合わないようで…。
最終話が番外編みたいなエピソードだったのは、やっぱり放送局の編成の都合によって最終話のみが放送されないという事態を防ぐためのマージン枠なのかなぁ。同TBSアニメの「怪物王女」や「おおきく振りかぶって」も大体そんな感じだったし…。放送されなかったらされなかったで、未放映話をDVD特典とするという方式なのだろう。多分。

CLANNAD

うーん、人気のゲーム作品という事は知っているけど、アニメを見る限りでは別にそんなに面白くはないなぁ…と。
こういう作品の宿命なのかもしれないけど、各キャラのエピソードが独立して描かれているので作品全体から散漫な印象を受ける事が良くない。あと、所々に挿入される妙に媚びたような演出やギャグ(レトロゲームの効果音とか、xx COMBOとか…)が、個人的に受け付けなかった。こちらとしては、泣ける作品だのシリアスだのと聞いていたので、どうにもこの演出に薄ら寒さのようなモノを感じてしまう。
あと、ことみのエピソードがあまりにハイレベル過ぎて自分には感動ポイントが全く理解できませんでした…。これは本当に泣ける話だった…のだろうか?見ていてポカーンとしてしまった。
そんな感じで、自分にはどうにも合わない作品だったようで…。これで泣くのは無理です。渚のエピソードはまだ続きがあるようだけど、そっちはどんな感じなんでしょう。
最終話は前述の「逮捕しちゃうぞ」と似たような感じかな。

灼眼のシャナII

2クールのうち1クールがほとんど学園生活で占められているのは…。それは別に1クールでも良かったんじゃないだろうかと思ってしまう。そういや前にも1クールずっと訓練してたアニメがあったっけな…。
その妙に間延びした展開のおかげで、途中でかなり飽きた。ので、あんまり真面目に見ていませんでした。あー、画面の中で盛り上がってるなぁー、っと。
えらく中途半端な最終回だけど、3期があるのかどうか。

のらみみ

のらみみのーらみみ♪
社会派アニメというか風刺アニメというか。居候キャラクターが一般的になった架空の世界で、のらみみを初めとした各キャラクターの悲喜交々を描きながら現代社会を鋭く抉る…かどうかは知らないけど(笑)、妙に哀愁漂うエピソードが描かれた各エピソードは非常に面白かった。最終話ののらみみがハローキッズに引き取られた話はなかなかくるモノがあった。あとは、2話の狸オヤジの話と、魔法少女キャラの話が結構好き。
2期制作が決定しているそうで、ちょっと楽しみだったりする。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。