Entry

フォントをメイリオにする

このサイトで利用しているフォントに、Windows Vistaより採用された新フォント「メイリオ (Meiryo)」を追加してみた。理由は、ただ単に見栄えがいいから。

Hato-Style – Note – CSSのfont-familyに“メイリオ(Meiryo)”を追加してみた。
CSSのfont-family:ヒラギノとMS Pゴシックとメイリオの悩ましい関係 : webデザイナーのナナメガキ

フォントを変更するにはCSSを1行書き換え、body要素のfont-familyプロパティを以下のように変更すればいいだけなので、全く手間はかからない。様々な環境での閲覧に備え、サイトをフォント等の環境に依存しないページ構成にしていた事も有利に働いてくれた。

font-family: "メイリオ", "Meiryo", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "Hiragino Kaku Gothic Pro", "MS Pゴシック", "MS PGothic", "Osaka", Verdana, Arial, Helvetica, sans-serif;

今までこのサイトのページは、Windowsなら「MS Pゴシック」、Macintoshなら「Osaka」が使用されていたけど、変更後はWindows Vista(またはメイリオがインストールされたXP)なら「メイリオ」、それ以外のWindowsは「MS Pゴシック」、Macは「ヒラギノ角ゴ Pro W3」または「Osaka」が適用される。
正直なところMacintosh環境の表示に関してはさっぱり分からんので、上記のページにあるサンプルをそのまま使用してみた。Linux等その他の環境に関してはもっと分からんので、sans-serifに一任。ただし、英字に関しては「Verdana」「Arial」「Helvetica」のいずれかが適用される可能性が高い…と思う。

ともあれ、この変更によってVista上でちょっと見栄えが良くなったので、何となく嬉しくなった。ただし、自分のメインPCはXPのままなので、フォントの恩恵が全く得られないのが残念。
MS Pゴシックに比べて少々行間が大きいのが気になるな…。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。