Entry

ヤンデレ

自分はこのタイトルの言葉を最近まで知らなかった。

ヤンデレ – Wikipedia

ああ、病んでる→デレということでヤンデレなのか、と。ヤンデレ大全とかいう本がある事は知っていたのだけど、タイトルだけの認識で言葉の意味はさっぱり把握してなかった。

でまぁ、何が言いたいのかと言えばアレだ。「Myself; Yourself」はおかしい、と。
最初の頃は普通にただのギャルゲ原作のラブコメかと思ってたのに。序盤の次回予告でも「王道ラブコメです」って宣言してたくせに。OPが妙に明るい印象を与えてくれるし。個人的にこの作品に対しては、主人公が恋愛フラグを立てたり折ったりを繰り返したり、サブヒロインがちょっかいかけたり、金田朋子さんの怪音波を聞いたりといった感じのほのぼのを期待してたわけですが。
前回の修羅場を見てると、どうやら自分の期待する方向性とはかなり異なる性質の作品だったようで…。Aパートであさみが延々と語る様は割と怖いです。

最近の恋愛物アニメは、「School Days」を初めとしてそういった陰鬱な方向に話を持っていこうとする傾向が多いように思う。昔WOWOW放送の「SHUFFLE!」の楓エピソードが多少話題になった辺りで、「少しでも他作品との差別化を図ろうとする意図が制作側ある事を前提とするならば、こういった作品が今後増えていくのではないか」と漠然とした不安を感じたことはあったのだけど、本当にそんな感じになっているような印象です。

自分はこういった陰鬱な方向性や残虐性が強く、登場キャラクターが理不尽に不幸に貶められていく作品というのはあまり好きではないです。話題性を作るために刺激的な要素を安易に入れている印象があるという理由もあるし、そもそも見ていて愉快な物ではない。
まぁ前者の理由は自分の印象でしかないのかもしれない(作品のテーマに対して強い結びつきがあるのかもしれない)けど、後者に関してはもうどうしようもない。少なくとも自分は、今後もそういった要素に対して手を叩いて喜ぶような性格になりたいとはあんまり思わないです。
その不幸にストーリー的な必然性があればいいのだけど、ただ不幸を描くことを目的として組み立てたようなストーリーは勘弁。

そんなわけで正直なところ、自分としては「ご愁傷さま二ノ宮くん」やら「ななついろドロップス」みたいな方が好ましかったりする(笑)。
もっと好きなのは、きちんと全話通した一連のストーリーで構成されているもの。冒険活劇やアクション物ならなお良い。でも、最近はそういう作品もだんだん貴重になりつつあるようで…。

Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。