Entry

アメリカ旅行記 その4

8月13日

この日は一人歩き。しかし、やはり知らないところを徘徊するのは少々抵抗があるので、あらかじめ義姉に色々教えてもらった場所を見て回ることにした。

ボストンのダウンタウン。かなり都会っぽい風景だけど、建物は年季が入って歴史を感じさせる物が多い。この近代風建造物と歴史的建造物が入り交じっている様子はなかなか面白かった。
この通り(通りの名前忘れた。WINTER StやSUMMER Stと交差している通り)にあるCD/DVD販売店に入ったら、普通にアニメDVDが売っていたり。

ボストンコモンの端にあるセブンイレブン。セブンイレブンはいくつも見かけた。当然日本の店舗と品揃えは異なるし、休憩できるスペースがあったりする。あと、景観を重視しているためか外見は割と地味な店舗が多い。

ボストンコモンでリスの写真を撮りまくる。市内のど真ん中にある公園だけど、普通に野リスがいる。なるほど、「チップ&デール」みたいなアニメが作られるわけだ。頭の中で「チチチチップ&デールー♪」という歌がリフレイン。我ながらよく覚えてるな。
ボストンコモンは大きな市民公園という感じなので、ジョギングしている人とか太極拳やってる人とか色々な人がいる。しかしこの日は月曜日だったのに、昼間から結構人がいたのは何故なんだろう。

ボストンコモンのすぐ隣にあるボストンパブリックガーデンには大きな池があり、そこのスワンボートが名物らしい。乗らなかったけど。でも、乗ってる人はなんか楽しそう。

日曜に閉まってて行けなかったボストン市立図書館のリベンジ。歴史的建造物なので古めかしい内装をしている。しかし施設の機能としては普通の図書館と同様なので、写真のような大広間でたくさんの人が勉強している。そのギャップが何となく面白かった。

「Graphic Novels」と書かれた漫画の棚と、DVDの棚。漫画の棚は写真のようなのが3つぐらい。色々な漫画があるけど、やはりドラゴンボールは巻数も多くて人気の様子。漫画はそんなに詳しくないので知らないタイトルばかりだったけど、少女漫画っぽいのが割と多かったのが印象的。
DVDは「COWBOY BEBOP」「SAMURAI7」「GTO」「GUNSOWAR」などがあり…「ガンソード」って。あんな物図書館に置いてどーすんだ(笑)。

新館の方は割と普通の図書館。だだっ広くて、色んな国の本(日本含む)が置いてあって、かなりの量の書籍がある点以外は。

ジョン・F・ケネディの生家。何となく行ってみたけど、駅から遠いし歩くの疲れるし家以外はただの閑静な住宅街だし、あんまり面白くはなかった…。

JFKの生家に行く時に乗った地下鉄(T)のグリーンライン。都心部は地下鉄だけど、郊外は地上を走ってる。というか、路面電車もしくはバスみたいになって、料金の支払いを駅じゃなくて電車の中でやる。何か変な感じ。

割と有名らしいボストン美術館。でも、時間がなくて中には入ってない。表の写真だけ撮ってきた。あと、パンフレットを回収。10カ国語分ぐらいのパンフレットがある。

夕飯は兄の家の近くにある中華料理屋で食事。割と美味しかった。


Comments (0 件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。